にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

パワーバランスバンド、なぜか腓骨が痛い

パワーバランスバンドを手に入れてから十日がたった。

パワーバランスバンドというのは、
テレビ番組で、俳優のつるの剛さんが紹介していた、
シリコン製のリストバンドだ。

2コのホログラム・コインが埋め込まれていて、
これが身体の微弱電流などを調整して、
バランスをとってくれるというふれこみである。

で、これをはめてから数日、特にバランスが良くなったとか、
歩くのが楽になったとか言うことは、まだ実感できない。

ただ、一つだけ、以前とは違うのが、
右足の腓骨(ひこつ)が気になりだしたことだ。

腓骨というのは、カカトと膝の間にある2種類の骨のうち、細い方だ。

股関節と膝の間には、大腿骨(だいたいこつ)という太い骨があって、
その下に、太い脛骨(けいこつ、首の骨ではない方)と細い腓骨というのがある。

この腓骨周りの筋肉が、パワーバランスバンドを使い始めてから
異常に緊張しているのだ。

いや、異常に緊張しているというのは、表現が違うか。
ここが堅くなっているのが、気になるのだ。少し痛い感じ。


活動的になったような気もする

「ゆる体操」でおなじみの高岡英夫さんの本などによると、
この脛骨と腓骨の関係は、脛骨が主で、腓骨は副という関係だ。

太い脛骨で体重を支え、腓骨で細かい足の動きを作っていく。

ところが現代人の多くは、なぜか腓骨側(すねの外側)に体重を乗せているので、
腓骨周りの筋肉がガチガチに固まっていて、
それが歩きや立ち姿にも影響しているのだという。

太い骨に体重が乗らないと、股関節も緊張して、
腰から足首までの外側部分がガチガチに固まってしまう。

高岡英夫さんによると、ここが拘縮(こうしゅく)していて、
運動でも日常生活でもものすごいエネルギーをロスしているという。

こういう拘束が起こっている原因は、
もちろん「拘束背芯」(肩胛骨・背中のこり)と
「拘束腰芯」(腰から仙骨のこり)と言うことになるのだが、
これらと連動しているので、同時にこのコリを減らしていかないといけないらしい。

ということで、最近、足振り運動を始めた。

20センチくらいの小さな台を作って、片足で乗って、
もう片足を前後にユラユラ振るだけだ。

これはたしか、高岡英夫さんの「ゆるウォーク」などに載っていた方法だと思うが、
こういう事に積極的に挑めるようになったのは、
実はパワーバランスバンドのおかげかも知れない。

渋谷に出かけたり、最近は結構、
活動的になってきたような気がするし。

Pre > パワーバランス リストバンド、効果は未だ不明
Next > 元気になったのはオルニチン(シジミ)のせい?