にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

金縛りは睡眠障害の一種なのか?

金縛りというのは、横になっているときに、身体が動かせなくなるような状態のことを言うのだろう。私の場合は、筋肉痛がヒドいようなときに、動かせなくなるが、通常はそう言う経験はない。
金縛りは、霊が引き起こしているのだとか、呪われているせいだと考えて、恐くて眠れない人もいるらしいが、睡眠障害の一種としてのかなしばりもあるらしい。

というのも、睡眠サイクルの中で、そう言うタイミングがあるらしいのだ。

脳が起きているようだ状態のレム睡眠の時に、なんらかのきっかけで、目覚めてしまうと、自分では意識があるのに、体が思うように動かせないことが起こる。このとき、筋肉は緩んだ状態なので、脳が体を動かすように指令を出しても、筋肉には伝わらないらしい。
そのため、自分の意思で動かそうとしても、全然動くことができないということだ。

こういうばあい、俗に金縛りという現象が起きるのなんだ。

この状態を医学的では、「睡眠麻痺」というらしい。
ほとんどの場合、完全に覚醒状態となれば、筋肉にも力が入る。だから、自分の思い通り動かすことができる。が、金縛りが起きやすいときは、覚醒と睡眠がうまく切り替わらない時なんだそうだ。

たとえば、入眠する直前や、明け方に目が覚めてしまった時など。
また、金縛りにかかりやすい人は、睡眠のリズムがバラバラな人、徹夜をよくする人などだといわれているようだ。 

金縛りは、睡眠のサイクルが、規則的でない若者に起こりやすいらしい。これはもう初耳だ特に、睡眠不足の時やストレスが蓄積しているような時に起こりやすいという。まあこれは何となくそんな感じだが。

また時差ぼけによっても、金縛りになる可能性が高いらしい。金縛りによくなる人や、なりたくない人は、規則正しい睡眠をこころがけることが大事とはいうものの、まあどうなんだろうね。規則正しく毎日、金縛りになるって人もいそうだし。

睡眠障害としての金縛りは、何とか避けるべきだけど。

Pre > サンスベリアが100円?! しかし冬にこんなモノを売って、苦情は来ないのだろうか?
Next > 朝食は、大事か?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://amiyazaki.s160.coreserver.jp/cgi160/mt/mt-tb.cgi/14