にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

メラトニンは効く?

夜眠れない人には、メラトニンというサプリメントが効くとか言う話がある。私は以前、これをやってみたが、あまり効果は出なかった。
まあ私の場合、夜型に生活がなってしまっているので、他の原因で眠れなかったのかも知れないが。

さて「メラトニン」というのはホルモンだ。ホルモンというのは、身体のあちこちに「●●しろよ!」と触れ回る伝令みたいな物質だ。

メラトニンは、眠りを誘う効果があることで知られているが、メラトニンには、体温と脈拍、血圧を低下させる作用がある。これにより、覚醒と睡眠のサイクルをうまく調整し、自然に眠くなるのだそうだ。

メラトニンは、時差ぼけを防止する効果もあり、時差ぼけ予防の薬にもなっているようだ。

それでは、どうやってメラトニンを増やせばいいか。
それにはアミノ酸の一種のトリプトファンを取るところから始まる。トリプトファンは、脳内物質であるセロトニンをつくる原料となる。

トリプトファンは、バナナや牛乳などに含まれている。そして、セロトニンが分解されることで、メラトニンの分泌を促す。

メラトニンは、アメリカでは、熟睡するのに効果的なサプリメントとして注目されているようだ。また、メラトニンは、若返りの効果があるホルモンとしても知られているようだ。睡眠をしっかりとることによって、メラトニンが脳の中で分泌され、若々しさを保つことができるということなんだ。

メラトニンは、自然に人間の体の中でつくられるホルモンだから、正常な生活サイクルを保っているようだのなら、サプリメントなどを摂取する必要はないのかもしれない。
ただ、メラトニンの分泌は年齢とともに減少するし、また、不規則な生活をしているようだと、メラトニンが正常に分泌されない場合がある。

まだ暗いうちに目が覚めてしまう方は、メラトニンが不足しているようかもしれない。それを補うために、夕方以降にサプリメントを摂取すると、スムーズに寝つくことができ、朝早く目覚めることもなくなってくることも期待できる。

メラトニンをサプリメントではなく、食品で摂りたい方は、アブラナ科の野菜のケールがおすすめらしい。ケールはは、青汁の原料として知られているね。

ケールはブロッコリーやキャベツの原種で、ビタミンや食物繊維、カルシウムなど、豊富な栄養素を含んでいるようだ。ケールをもっとも手軽にとる方法としては、やはり青汁を飲むことなんだ。
メラトニンを摂るためには、夕方以降に飲むのが効果的らしい。

アブラナ科の野菜としては、ほかにキャベツとかブロッコリーとかカリフラワーとか芽キャベツと言ったモノがあるが、これらはガン予防にも良いと言うことだから、積極的に取るべきだろうね。

Pre > 昼寝はしたほうがいい?
Next > 関西風のつゆ、なぜ汗をかく?