にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

睡眠って、何の役に立つ?

睡眠って、結局何なんだろう?ほとんどの人が、自然と夜になると眠くなって、朝になると目覚めるが、このリズムは、脳の中にある「生体時計」がコントロールしているようだ。

体温も、明け方に最も体温が低くなり、昼間に上昇していき、夕方にかけてがピークで、そして徐々に下がっていくという。そして体温が下がってくると眠くなる。

この体温とは、深部体温という体の内部(脳や腸など)の温度のことなんだが、このように、人間は生体時計の働きや深部体温によって、眠くなったり目覚めたりする。

そもそも睡眠とは、どんな役割があるんだろう?

実は睡眠をとることで、体だけでなく脳も休む。また、深い睡眠の間には、成長ホルモンが集中的に分泌されるのだ。 さらに、睡眠によって脳の過熱を防いでいる。

あったかいお風呂に入ると深部体温は上昇し、入浴した後、入眠しやすくなる。
そして、その時生じる脳の過熱を、睡眠によって防いでいるよう。睡眠のなかでも 徐波睡眠という深い睡眠の状態では、深部体温を大きく下げる働きがあるらしい。

また、睡眠中にはエネルギーを保存しているようだ。というのも起きている間は、体の中の物質を酸化させて、エネルギーをつくり出し、それを心と身体を活動させる動力にしているのだが、これに対して、睡眠中はその作用を抑えて、エネルギー源を保存しているようだ。

最後に、睡眠は何時間とればよいのかというと、必要な睡眠時間は人それぞれ異なるようだ。よく8時間とるのが理想的といいるようだが、それはあくまでも平均値であって、結局は深い眠りが●●時間必要…ということらしい。

睡眠時間の長さに関わらず、日中眠くなくシャキッとしているようだのなら、それがその人に適した睡眠だという。

Pre > 安眠のための食事とは?
Next > 不眠症予備軍の特徴って?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://amiyazaki.s160.coreserver.jp/cgi160/mt/mt-tb.cgi/33