にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

ブラック・フライデー、って何?

テレビ東京の、ワールドビジネスサテライトを見ていたら、ブラック・フライデーという話題をやっていた。
ブラックって言うくらいだから、何か悪いことかなと思っていたら、このブラックは『黒字』という意味だそうだ。
感謝祭翌日の金曜日はブラック・フライデーと呼ばれ,米国年末商戦を占う緒戦。つまりクリスマスの約1ヶ月前の金曜日、アメリカのオモチャメーカーなどは、大クリスマスセールをはじめるそうだ。

ちなみに感謝祭、いわゆるサンクス・ギビング・デイは、アメリカ合衆国とカナダの祝日のひとつ。Thanksgivingと略称されたり、あるいは七面鳥の日(Turkey Day)と呼んだりもする。アメリカでは11月の第4木曜日、カナダでは10月の第2月曜日になっているということだ(ウィキペディアより)。

感謝祭は、イギリスからマサチューセッツ州のプリマス植民地(Plymouth Colony)に移住したピルグリムファーザーズの最初の収穫を記念する行事であると一般的に信じられている。ピルグリムがプリマスに到着した1620年の冬は大変厳しく、大勢の死者を出したが、近隣に居住していた北米先住民ワンパノアグ族(Wampanoag)の助力により生き延びることができた。翌1621年の秋は、とりわけ収穫が多かったため、ピルグリムファーザーズはワンパノアグ族を招待し、神の恵みに感謝して共にご馳走をいただいたことが始まりであるとされる。しかし、イギリス人の入植者もワンパノアグ族も秋の収穫を祝う伝統を持っており、この年のこの出来事は特に感謝祭と位置づけられてはいなかった。プリマス植民地で最初に祝われた1623年の感謝祭は食事会というよりもむしろ教会で礼拝を行い、神に感謝を捧げる宗教的な意味合いが強かった。

ウィキペディアの感謝祭の記述の中にも、ブラックフライデーについて書いてある。

感謝祭が過ぎるとクリスマスまで約ひと月となり、クリスマスプレゼントのショッピングが激化することから、各小売店では感謝祭をクリスマス・セールの前哨戦と位置づけ、客足をあてこんで金曜日から特別セールを行う。

金曜日のセールで小売店の収支が黒字になることから感謝祭の翌日を「ブラック・フライデー」、週明けの月曜日に職場の高速回線を利用してウェブ通販でプレゼントを購入する人が多いことから感謝祭休み明けの月曜日を「サイバー・マンデー」と呼ぶ習慣がある。

感謝祭からクリスマスまでのひと月は、小売店の年間の総売上の約半分を占めるという。

3割引とか5割引とか、そういった大盤振る舞いをして、在庫一掃セールというわけだ。
年間の売り上げのうち、この一ヶ月間の売りあげが、かなり大きなパーセンテージになるというが、ここには約半分なんて事が書いてある。テレビでも、山ほど商品を買うお客さんが紹介されていたが、さすがにアメリカ、極端やね。

Pre > ゴミ分別、やってみたら『プラ』ばかり
Next > 1日1食ダイエット、危うし!

コメントする