にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

現代の大搾取者、その名は役人。

東京で破水した妊婦がたらい回しにあった挙げ句、帝王切開した三日後に死亡。ようやくその状況が分かってきた。

なんとまあ、今年の2月から当直医師不足になりそうだということで、3つの区から東京都に要望を出していたのに、都はずっと無視して何の手も打たなかったらしい。
こういう事件が初めてならともかく、十何ヶ月か前に奈良で同様の事があったというのに。
都知事は厚生省のせいにしているけど、自分の管轄内の事件だし、都民の命を守るのは都知事の仕事やろ。あんたもう何年都知事やっとるんや。完全にもう役人の怠慢だ。

しかし、何とかならんかったんやろかね?

夜間の緊急の患者を受け付ける必要があるなら、昼間の診療を休んでシフトを夜間に回すとか、昼間も休めないなら、他から昼間に応援に来てもらうとか。

国公立大の医学部の病院にいくらか協力費を払って医師に交替できてもらうとか。都の役人に責任を取らせたら、それくらいの金、すぐに浮くはずやろに。

年金の件といい、医師不足の件といい、今回の件といい、役人や公務員を監視したり処罰しないで、何が民主主義なんやろう? 

たらい回しされた挙げ句、命を落とした妊婦に、全く落ち度がないといえるかどうかはわからないが、高給取りの怠慢役人のせいで、民間人はひどい目に遭っていることはたしかなようだ。

蟹工船がリバイバルで大ヒットしているということだが、現代の搾取者は資本家にあらず。役人やね。

どっちが貧乏人の敵か、そりゃもう、圧倒的に役人だ。
資本家は仕事と居場所をくれるが、役人は金だけじゃなく命までも盗んでいくんやから。

Pre > 自給率アップ、結局米頼み? NHKのアホゲな結論
Next > 何はなくとも、削り粉。