にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

M1 オードリー、残念。異次元漫才、通じず。

M-1グランプリ2008 結局ノンスタイルが優勝した。

敗者復活から勝ち上がったオードリー、敗者復活戦と同じネタを出して高得点を出してトップ3に入ったが、残念ながら最後は2票に終わって敗退した。

しかしまあ、結局は、オーソドックスなボケとツッコミがうまく絡んだネタをやったコンビに軍配が上がってしまったね。

ノンスタイルオードリーナイツという3組が最終決戦に残ったとき、これはまたスゴい組合せだなと思った。

ノンスタイルは、ボケとツッコミがハッキリしていて、ちゃんと絡み合うスタイル。

ナイツはボケがツッコミ無用とばかり、4分間に37回もボケまくり、それをツッコミがドンドン拾っていくスタイル。

最後のオードリーは、ボケとツッコミという区分が当てはまるのかすらよくわからないスタイル。

勘違い男と常識的男という感じだが、ボケとツッコミが必ず絡むわけではなく、絡んだり絡まなかったり、後で突然元に戻ったり、異次元漫才という感じ。

面白さから言うと、私の場合、圧倒的にオードリーだったのだが、残念ながら、この異次元漫才が受け入れられるかどうかは、怪しかった。

何しろ去年のチャンピオンのサンドウィッチマンも、スタイル自体はボケとツッコミが1対1で対応する形だったからね。

でやっぱり、ボケとツッコミが1対1で対応しているノンスタイルのネタが受け入れられ、優勝。

もう一本、強い4分ネタがあったら、オードリー、優勝できたかもしれなかったが。

オードリーの異次元漫才、中田カウス審査員がかなり高く買っていて98点付けられたのが、せめてもの救いか。

ノンスタイル、ここが人生の頂点になりそうな気がするのは、私だけか?

Pre > M-1グランプリ2008 敗者復活戦 結構面白い。
Next > 麻生総理、ひさびさ正論。やりたいことを言えないヤツなんか雇えない!