にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

ウルトラセブンx、最終回。楽しかった。

とうとうウルトラセブンXも最終回だ。
うーん、最終回にして、ようやくウルトラセブンが大活躍。一回倒されて、そこからまた復活するところなんかは、もうたまらない。なんせ前回までは、セブンすら出てこなかった回もあるし。楽しかった。

話としては、謎は解けたし、一応納得のいくモノだったように思うけど、こういう設定なら、最初からもっとたくさん伏線があっても良かったかな。そのほうがもっと楽しかったのに。

それにまた、いろいろ疑問が残る。だいたいエレアは生身の人間だったなら、なんでそんなに神出鬼没だったんだ?それから宇宙人コミヤが作っていた地下の工場は、一体なんだったんだ?


ストーリーはこうだ。

-----------
★ただし、結末を知りたくない人は、これから先は読まないでね。
-----------
-----------

さて、アクアプロジェクトとは、水の振動からエネルギーを引き出す研究だった。
で、それをノース湖という湖で実験していたのだが、偶然時空のゲートを作り出してしまった。
そしてわかったことは、もうひとつの地球が、そこに存在していたと言うことだった。
政府はその事実を隠蔽していた。と言うのもその時点で、侵略者によって情報コントロールされていたからである。

で、その情報コントロールセンターも、ノース湖の対岸にあった。
そこでアクアプロジェクトの研究施設と、情報コントロールセンターを二手に分かれて爆破に向かう、ジンとエレア、そしてエージェント・エスとエージェント・ケイ。

そして情報コントロールセンターにたどり着いたエスとケイの耳に聞こえてきたのは、なんとデウス司令の声。
「君たちの最後の任務を伝える。ここで死にたまえ」
デウスもすでにコントロール下にあったのだ。
侵略者は、街に飛び交うモニター画面をつかい、情報を提供することによって世界を支配しつつ、地下で繁殖していたのだ。

一方、湖でセブンに変身するジン。しかしクモのような3匹の侵略者によって、倒されてしまう。
エレアに抱きかかえられるジン。ウルトラアイも消滅してしまう。
そこでエレアは、三ヶ月前の出来事を話し出す。

三ヶ月前、世界を支配してる侵略者の存在に気づいたジンは、この世界を救ってみせるとエレアに告げたのだ。
ところがアクアプロジェクト側にそれを気づかれ、エレアと共に銃撃を受け、湖に沈んでしまう。
祈るエレア。そこにどこからともなく赤い燃える光の球が現れ、声が聞こえた。それはもう一つの世界からの声であった。

「君たちの世界から、コチラの世界に侵略しようとしているモノがいる。彼の身体を借りたい。そうすれば私もそちらの世界で戦うことができる」

うなずくエレア。そして赤い光はジンと合体し、ジンは甦った。しかしジンはそれ以前の記憶を失ってしまったのだ。

しかし赤い光の力が増せば、ジンはジンでなくなっていく。記憶を失ったことで、赤い光の力は、制限されていたのだ。ジンを失いたくないエレアは、ジンに過去の話をしなかったのだ。しかしその話を打ち明けたことによって、ジンは赤い巨人としての過去を思いだし、立ち上がる。
ウルトラアイも復活し、再びに変身し、3匹の侵略者と地下の侵略者のコロニーを破壊するセブン。

一方、エージェント・エスとケイは、情報コントロールセンターで自爆を試みる。最後の会話をし、爆弾の起爆スイッチを入れる...。間一髪で2人を救うセブン。

そうして侵略者の施設はすべて破壊された。街の上空を飛んでいた巨大モニターは墜落し、世界を支配していた侵略者は退治されたのだ。

セブンは、ジンの姿に戻る。驚くエスとケイ。そして赤い光はジンと分離し、湖の中に沈んでいく。ジンはジンとして甦ったのだ。

湖畔を歩く、モロボシ・ダン。それをにっこり迎えるアンヌウルトラセブンは、パラレルワールドの向こう側の地球からやってきて、ジンの身体を借りて戦い、そして勝利して戻ったのだ。

Pre > 1日1食ダイエット、またプラトー?
Next > デスラー総統のワインセット 「デスラー勲章」?