にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

犬のしつけ 逆転の発想? 森田流しつけ術

森田流犬のしつけというDVDが売れている。
【犬しつけ】あなたの愛犬が見違えるほどいい子になる森田流犬のしつけ法だ。

これは、テレ東の「テレビチャンピオン」「ダメ犬のしつけ選手権」の優勝者の森田氏が、わがままに育ってしまった犬を教育するノウハウだ。で、ダメ犬で悩んでいる多くの愛犬家から支持を集めているらしい。

ところがこのしつけ法が、従来のモノとは違う。というのも多くの犬のしつけ法は、ごほうびやボール遊びなどのオモチャを使うんだけど、それはしない。

というのも、ごほうびやオモチャを使ったしつけをすると、犬はごほうび欲しさやオモチャ欲しさで言うことを聞くようになる。しかしこれは、犬の『獲物を獲得しようとする狩猟本能』を利用したしつけ方法なので、しつければしつけるほど、犬の狩猟本能が活性化されてしまう。

狩猟本能というと、獲物を追いかけたり吠えて威嚇したり、噛みついたりということだから、乱暴だ。

それで目に映る動くものなら何でも吠えたり、飛びかかったり、噛みついたりという、乱暴な犬になってしまうという。

セールスページから、引用してみると、こういうことだ。

たとえば、「お座り」を教える時、あなたが今やっているしつけが、ボールや食べ物を使うしつけ方法だとしたら、犬が従っている理由は、

「食べ物がほしいから座った」
「ボールやおもちゃがほしいから座った」

ということです。

それは、ものに従っているだけで、ものを獲得するためのゲームをやっているだけなんです。犬はおやつがほしくて、ボールがほしくて、従っているだけなんです。だから、おやつやおもちゃがあるときは言うことを聞くけれど、それらがない時はまったく言うことをきかなくなってしまいます。

心当たり、ありませんか?

犬の行動心理学の視点から、話をすると、おもちゃやおやつがほしくて言うことを聞いているということは、犬の本来もっている、獲物を追いかけるという狩猟本能に働きかけていることになります。 つまり、狩猟本能という攻撃的な野生の本能を強めることになります。

ですから、実は今までのしつけ方法では、しつけをする前よりも、しつけをした時のほうが余計に
手に負えない犬になってしまっているんです。

野生の本能が強くなると、野生の特性である、人や犬に対して吠えたり、動くものに対して向かっていこうとする行動(狩猟本能)が日に日にひどくなります。

※以上 『【犬しつけ】あなたの愛犬が見違えるほどいい子になる森田流犬のしつけ法』より引用


犬のしつけに興味がなくても、一度読んでみよう。カチッとね。↓

犬のしつけ 無駄吠え,
犬のしつけ トイレ,
犬のしつけ 噛み癖,
森田流 犬のしつけ

Pre > マクロスF 第8話 平穏な日々と、ぎゃーぎゃーうるさい女
Next > 豆乳野菜ジュース ダイエットで、メタボ対策!