にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

マクロスフロンティア 第14話 オマエに言われてもなあ...

マクロスフロンティア、第14話は、なんかすごいバランスだ。
前半は、色恋事のうわさばなしだったのに、突然バジュラの大軍が襲ってくる。

マクロスフロンティア 第14話 ストーリー

惑星ガリア4は、ミシェルのマネージャーのグレイスが起動させたマシンによって発生させたフォールド断層によって、半分になってしまった。

そしてガリア4で繁殖していたバジュラたちは、マクロスフロンティア周辺に、デ・フォールドしていった。ランカを胎内に取り込んだバジュラの親玉も。

デフォールド先を確認したアルトは、ミシェルたちが使った超フォールドブースターを使って、フロンティア船団に急行する。

一方、フロンティア船団では、多数のデフォールド反応を察知し、バジュラとの正面対決に備える。

アルトの後輩のルカは、ナナセに恋心を伝えようとするが、うまく伝えられないまま出撃する。

シェリルとミハエルは、敵空母に取り付いたまま、フロンティア船団の前にデフォールドした。
シェリルが気がつくと、ミハエルは意識を失ったまま。
学校のトレーニングを思い出しながら、バルキリーを操縦するシェリル。
しかしあっという間に小型のバジュラに取り囲まれて、撃墜されてしまう。

ルカはシェリルたちを助けようとするが、銃を奪われてどうしようもない。
あわやと言うところで、アルトが駆けつけてシェリルたちを救う。

戦線が膠着する中、今度はフロンティア船団の背後から、敵の親玉がデフォールドしてきた。
フロンティア政府の大統領は、反応弾(核兵器)の使用を決断する。

胎内にいるランカの救出作戦を申し出るアルト。
マクロス・クオーターの艦長は、アルトに反応弾(核兵器)の使用と共にそれを許可する。

敵の親玉に迫り、外壁に穴を開けるアルト。とそこへ、謎の機体パープル1が現れ、先を越されてしまう。

その一方で胎内にいるランカは、謎のメッセージを受け取る。それはランカが幼い頃に記憶していた歌だった。

パープル1がランカを救出し、アルトが敵の親玉の中心部を破壊すると、、敵陣形が崩れだした。

パープル1のパイロットは、ランカを救出したことを全軍に伝え、「ギャラクシー所属ブレア・スタン少佐」と名乗る。

敵陣形がくずれ、マクロスクオーターは、マクロスキャノンで敵の本陣を破壊。
かろうじてフロンティア船団は、バジュラの襲撃を退けたのだった...


マクロスフロンティア 第14話 動画



Online Videos by Veoh.com


次回は、第15話 ロストピース

うーんしかし、やっぱりグレイスは再生しているようだ。アンドロイドというよりサイボーグなんだろうな。生身の身体と機械の部分。ただしメインは機械の部分ってかんじかな?

Pre > ムペンパ効果? お湯の方が速く凍る! 試してガッテン
Next > マクロスフロンティア 第15話 感想&動画 敵はギャラクシー?