にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

星野ジャパン 惨敗

あんまりこういう事は書きたくないんだけれど、オリンピック星野ジャパン、あまりにもひどかった。金メダルを標榜しながら、惨敗

全体をふり返ってみても、戦術も戦略も、まるで見えなかったから、同じ負けでも腹立たしい負けばかりだった。「これで負けたら、しゃーないな」という戦い方じゃなかった。

予選でキューバに負けて、韓国に負けて、アメリカに負けて、準決勝でも負けて、3位決定戦でも負けて。これだけ負けたら、さすがに実力がなかったと言うことだろう。

そして実力がないのを選手や監督・コーチが自覚しておれば、危機感を持って、それなりの戦い方というのが出来たはずだが、金メダルを意識して気持ちが守りに入った結果、ボロ負けだ。

ディフェンディング・チャンピオンでもないのに、なんなんだろう?
ミスをしなければ、取れるもんなのか? 金メダルって。


それにしても、日本の選手のひ弱さが、目立った。
エラーは続発するし、フライも落とす。
ピッチャーは失点の後に簡単にヒットやホームランを打たれて追加点を与えてしまうし。
とてもプロから選抜された選手とは思えない悲惨さだ。

テレビのアナウンサーも解説者も、表現に困るくらいの結果だ。
「何をやっているんだ」と怒鳴りたいのを押さえて、必死に言葉を選んでいるような気がした。

それに「何をやってるんだ」と、タレントもゲストも言わないのが、返って腹立たしい。
「金メダルを取る」「金メダルしかない」と宣言して北京に向かった以上、銅メダルも取れなかった結果に対して、ごうごうたる非難があってしかるべきだろう。
そういう宣言がなければ、惜しかったで済む話だけど。

それから改めて分かったことは、いくらストッパーで実績のあるピッチャーでも、同点や負けている状態では弱いっていうこと。

考えてみれば、守護神とかストッパーというのは、勝っている状態でマウンドに上がるわけだから、追いつめられた状態で実力を発揮するタイプではない。

彼らがいつも押さえているのは、有利な状態での話であって、不利な状態を切り抜けるピッチャーじゃなかったと言うこと。

日本プロ野球は、結局のところ井の中の蛙だったと言うことか。
こうなりゃ日本が主催してでも、世界大会や国際試合を毎年やるしかないね。

でないとプロ野球は潰れるかも知れない。

Pre > マクロスフロンティア 第20話 ダイアモンドクレバス
Next > B系 アフガンストール ってなに? アフガンストールの巻き方