にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

阪神なんば線、40年かけて開通、、、

阪神電車なんば線が、ようやく開通するらしい。

なんというか、工事開始から40年というから、もう止めたのかと思っていた。

プランとしては、40年前、阪神電鉄西九条駅と、近鉄電車上本町駅を結ぶということでスタートした。

近鉄は大阪南の中心街である難波まで線路を2駅(日本橋・難波)ほど延ばし、阪神は西九条から4駅作って難波まで線路を引くという事だったと思う。

近鉄の方の工事は、私が中学生になったころに完成していて、上本町の奈良線の線路が地下に潜って難波まで延びた。

おかげで関西最大の電気屋街である大阪の日本橋まで、簡単に行けるようになった。

業績不振で閉店するそごうの本店も、この辺にあったが、そのそばにある吉野家でよく牛丼を食べたっけ。

阪神電車は、西九条から九条まで延ばしたが、そこで建設休止になってしまった。

当時はオイルショックで、新たな線路建設のための資金のめどが立たなくなっていた。

阪神なんば線のページを見ると、どうもいろんな補助金が出て、建設再開が始まったらしい。

西大阪高速鉄道という会社を作り、大阪市や大阪府なども参加した第三セクターが線路を引き、それを阪神電車が使用料を払って使う、という、阪神高速鉄道と同じやり方のようだ。

鉄道に関しては、あんまり詳しくはないが、こういう風に線路だけ持っている鉄道会社というのが、結構あるね。

阪神高速鉄道は、阪神電車と阪急電車と神戸電車と山陽電車を結ぶ形で線路が引かれた。

たしか神戸市が絡んでいたように思うが、おかげで西宮市に住んでいた私なども、須磨浦公園や姫路駅まで、電車一本で行けるようになった。

阪神大震災後に阪急が相互乗り入れを止めたらしいが、阪神電車と山陽電車との相互乗り入れは、まだ続いている。

山陽電車は、ボックス席のような車両を使っていて、横座りのシートの車両しかない阪神電車のユーザーとしては、物珍しくて乗りたかった。

話がそれたが、阪神なんば線。

私の子供の頃は、東急線で今使っているような銀色のステンレス車両が西大阪線に使われていて、西九条行きの特急はこれだった。

きらきら光るステンレス車両は、大阪梅田行きの特急には使われていなかったので、昔は本当にあれに乗りたかったね。

今は毎日のように東急田園都市線で乗ってるが。

阪神なんば線。大人になった今は、乗っても何の感激もないだろうけど、子供はうれしいだろうね。

大阪もかなり変わったんだろうな。

Pre > セルフ筋膜マッサージ、鎖骨マッサージと肩こり
Next > 観葉植物で、室内浄化!