にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

貸金業法、うーん、誰や、こんなモン作ったのは!

貸金業法をウィキペディアの記事から拾ってみた。

お金を借りれる上限は、年収の3分の1だという。

1社で50万円、又は他社と合わせて100万円を超える貸付けを行う場合には、源泉徴収票等の提出を受けることを義務付け、年収等の3分の1を超える貸付けを原則として禁止する(本体施行から2年半以内に施行)。

コレでいくと、法律が施行されたのは、
2006年(平成18年)12月20日施行なので、
2009年(平成21年)6月19日が、リミットと言うことになる。

、、、ということは、6月にはもう、
借り換えと言うことはできなくなってしまうって事なんやろうかね?

私なんか、年収の3分の1以上、借りているし、
現時点では3分の1まで返す当てなんかないから、全然ダメだ。


過剰貸付規制の強化(総量規制)のリミットは、
リミットは2010年(平成22年)6月19日と書いてあるが、
一番いいスケジュールでも、
あと1年で50万以上は返さないといけない計算になる。

収入が減ってしまっているのに、コレはないよなあ。

しかし誰や、貸し付け規制なんて作ったのは。

利息だけ下げくれればいいのに、貧乏人には辛い話や。

それもいきなり3分の1というのは、きついなあ。

最初は年収までから始めて、
徐々に半分くらいまで下げていってくれればいいようなモノを、
いきなり3分の1って。

これってホンマにお金に困っている人のこと、
分かってないヤツが作った法律やな。

しかし不況だし、
ちょっと先に延ばしてもらえないものか。

悩みは尽きないねえ、ほんまに。

Pre > キャッシングサービス、停止のお知らせ?
Next > 酒をやめないとダメだろうね