にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

餃子の王将って、倒産寸前やったんやね。知らんかった。

テレビ東京のルビコンの何タラという番組で、
餃子の王将再建物語をやっていた。

今でこそ全店黒字!という偉業を成し遂げた餃子の王将だけど、
ほんの数年前にはバブル期に投資した不動産や多角経営で
銀行借り入れが450億円、それから90億円の社債の償還など、
倒産の危機やったんやね。

2000年頃の話だから、私が京都から東京に出てきて、
溝の口の駅前に王将を発見して涙した頃だ。

そういえば溝の口店は、綺麗なモダンなデザインで、
えらいおしゃれやなあと思っていたが、
京都以外の王将って、かなりがこういうタイプだったらしい。

私の場合、京都や大阪の王将しか知らなかったので、
他の県の王将がどういうのかは全然知らなかったが、
どうもそういうことらしい。

まあ、1990年代後半は、京都にたくさんあった王将も、
なぜかどんどん店を閉めていた。

百万遍店農学部店、それから銀閣寺道店など、
私が学生時代に毎日のように通った
お店がどんどん無くなっていた。

そこにいた店長さんなんかは
どんどん他県の大きな店に移っていたって事だろう。

銀閣寺道店なんか、一旦店を閉めたと思ったら、
半年位してまた元の店長が平気な顔で鍋を振っていたりしたので、
あの当時はもう、会社の方針で各店の店長は
あっちに行かされたりこっちに行かされたりしていたのかも
しれないね。

で、現在の社長が副社長だった頃、
創業者一族から社長をいきなり任されて
財務を調べてみたら、じつはもう
借金どっぷりの状態になっていたって事らしい。

で、すったもんだあって、なんとか資金繰りに成功し、
またおしゃれな店舗は、厨房の壁をぶちこわして、
厨房が見えるような本来の王将スタイルに作り替え、
セントラルキッチンでの加工もやめて、
店長にかなりの裁量権を与えた結果、
なんと全店黒字という今の状況に至るというわけだ。


まあしかしいずれにせよ、王将がなくならんで良かったね。

今は王将に食べに行く金がないのが、残念だが。

Pre > ほめられサロン、徹底的にほめてくれ、、、
Next > キャベツダイエット(+マヨ)、お手軽簡単、夜食が減らせる