にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

タミフルは、インフルエンザの特効薬じゃないらしい

先週の後半くらいから、身体がものすごく重くなった。

どうやら私も本格的にインフルエンザにかかっているらしい。

インフルエンザというのは、ウイルスだから、基本的に特効薬というのはない。

最近は、タミフル(物質名オセルタミビル)という薬がインフルエンザ治療に良く用いられている。

だけどあれは特効薬ではなくて、最初の48時間の間、ウイルスが感染した細胞からでれないようにする薬(阻害剤)だ。

ウイルスが体内に蔓延する前に飲めば、ウイルスがそれ以上拡散しないので、免疫力が付くまで時間が稼げる。

身体が抗体を作り出すまでに4~7日間くらいかかるので、それまでにとにかくウイルスをせき止めておくだけの薬だ。

だから免疫の材料となるタンパク質とビタミン・ミネラルをしっかり摂って、静かにしている他はない。

タラソテラピーはど贅沢

まあでもとにかく、来週は忙しいので、何とか元気にならないといけないと思って、
久々に塩風呂をやってみた。

タラソテラピー(海水療法)というやつだ。

海水くらいの濃い塩水の中に浸かることによって、邪気をはらって元気を取り戻す。

昔は海水浴というのは、汚れを払ったり、治療のためにやったもので、
海水から上がるとどっと疲れが出るが、そこでぐっすり休めば一気に元気になれる。

ただし、海水というのは塩分濃度が3.5%もあるので、小さな風呂でも3~4キロくらいは塩をぶち込まないといけない。

業務スーパーでモンゴルの湖塩というのを68円で売っているが、あれを3つ分だ。

つまりざっと200円てとこだけど、さすがにもったいない。

なのでとにかくお湯を少なめにして、1袋だけぶち込んで浸かってみた。

何となく元気になったような気がするが、明日の朝、どういう気分だろうかね?

寝る。

Pre > 今日は阪神が勝ったのでチキンラーメン溶き卵入り
Next > 自家製タラソテラピーで、インフルエンザも撃退?