にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

具体的な案がないのに、マニフェストに盛り込むな!

普天間基地の移転問題、
結局小規模の修正で終わることになりそうだ。

普天間基地の移転自体は行われそうなので、
基地周辺の住民はほっとしていることだろう。

反対集会での沖縄県知事のスピーチを聴くと、
周囲の盛り上がりに比べて、発言がかなり微妙なかんじがした。

普天間基地に関する日米合意が、どういう形であれ為されないと、
普天間基地は、そのまま存続することになってしまうので、
辺野古(キャンプ・シュワブ)に代替施設(1600メートル滑走路とヘリポート)が建設できなければ
それはそれで問題だって事だろう。

問題は、民主党が、実現可能な案を地元を含めた形で作り上げずに、雰囲気だけでマニフェストに入れてしまったことだ。

実現可能な案を選挙前にすりあわせしないで、
野党時代の「反対だけしておればよい」という
無責任な態度で選挙に臨んだ結果が、今のドタバタにつながっている。

実現可能確率が低い具体的でない案を、マ
ニフェストに盛り込んだらいけないね。

ちなみに、ウィキペディアによると、
在日米軍は約5万人規模で、
本土に2万人・沖縄に2万人駐留している。

在日米軍の司令部は東京の横田基地にあり、
海軍の司令部は神奈川県横須賀にある。

アメリカ第7艦隊の乗組員約1万3千人は、
ハワイにある司令部所属なので、
在日米軍としてカウントされているのかどうかはよくわからない。

ただ米軍の利用可能施設面積で言うと、
一番広いのは北海道(340平方キロ)で
在日米軍の3分の一を占める。
沖縄(230平方キロ)は2番目(22%)になる。

米軍専用面積だけで見ると74%が沖縄にあるわけだが、
自衛隊との共用施設を入れると半分は本土にあるし、
人員も半分以上は沖縄外に駐留している。

東京の町田へ買い物などに行くと、
たまに爆撃機がとんでもない爆音を上げて飛んでいたりするから、
沖縄だけに米軍基地があるような錯覚だけは避けねばならない。

どうやって国を守るか、どうやって今の平和を維持するか。
現在の軍事バランスを崩して、
戦争が起こりやすい状況を作ってしまうことだけは
避けないといけないと思う。

しかし本土に1600メートルの滑走路を造る土地が
一つもないのかねえ、、、無人島なんかめったやたらにあるんだけれど。

Pre > ミニ政党乱立は、あたらしい大政党誕生の胎動
Next > パワーバランス リストバンド、効果は未だ不明