にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

鳩山さん、首相としては無策すぎた

普天間基地問題、結局、
当初の案に戻ってしまうことになった。

まあ一旦はこれで決まって、地元も了承していた案だから、
一番無難な選択だったといえる。

ただ問題は、鳩山首相がこの問題を甘く見たと言うことだろうね。

それから当初案に戻ってしまったことを、
ただ謝るだけというのもかなり問題だろう。

だいたいこの問題は、社民党に投げしておいて良かった問題だ。

社民党党首を特命大臣に任命して、
アメリカ側や地元、防衛省との折衝や調整を任せておけば、
こんな醜態はさらさずに済んだはずだ。

郵政民営化見直し問題は、国民新党の亀井さんに任せたのだから、
基地問題は社民党に(とりあえず)任せておけばよかった。

社民党に投げておけば、少なくとも社民党は
この問題を解決しなければならない立場だから、
反対運動を煽ったり(?)することもなかっただろう。

問題解決は、当事者のどちらかを責任者と決めれば解決するという
「コースの定理」というのがあるが、
この場合は、基地問題に積極的な社民党を
問題解決責任者として任命しておけば、
彼らが敵側に回るようなことにはならなかったはずだ。

それから「沖縄から基地を減らす」と言うことに焦点をあわせておけば、
普天間基地の移設先が沖縄県内になったとしても、
他の基地を減らす努力を始めれば良かったわけだ。

北海道に次いで2番目に基地面積が広い沖縄から、
基地を減らすと言う方向で取り組んでおれば、
協力者も賛同者もたくさん現れたはずだし、
マスコミも批判しようがなかったはずだが。

それくらい、普通の人間でも考えられる話だから、
あまりにも無策だし、あまりにも甘く見たって事だろうね。

やはり鳩山さんは、首相には向いてなかったってことだ。

Pre > 元気になったのはオルニチン(シジミ)のせい?
Next > 福島党首、やる気がなさ過ぎる