にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

福島党首、やる気がなさ過ぎる

普天間基地移設問題に絡んで、
社民党党首・福島氏の国務大臣罷免が行われた。

政権与党の一翼を担いながら、
自党の最大テーマである基地問題で、
妥協できなかったということだろう。

ただ、結局、鳩山首相に対する非難ばかりして終わったような印象だ。

与党でありながら、野党のように
もっぱら首相の言質を取ることに終始して、
社民党自体が魅力的な代替案を提示できず、
アイデアだけ披露して誤魔化した感は否めない。

アメリカとの合意が先に行われたのが「おかしい」と言うこと自体、
なんかもう、無茶苦茶だ。

日本が「ここ空いてますから、アメリカさん、ここにしてください」
などということが通ると考えていること自体おかしい。

基地の位置や条件というのは、安全保障の要の問題だから、
防衛戦略にかなった場所でないと話にならない。

しかしその戦略は、アメリカが立てているものだから、
その戦略に叶った代替地でないと、どうしようもない。

アメリカが「OK」と言うような場所と、魅力的な条件を、
具体的に提示できなかったのが、社民党の今の実力だと言うことだろう。

沖縄「県外」移設という言葉にこだわったために、
中心部から周辺部に移転するという選択肢を失った。

沖縄の市民が米軍基地から受けるマイナスの便益。

これを軽減することを本気で考えていたのであれば、
県外移設を連呼する必要もなかっただろうし、
一気に問題解決を図る必要もなかっただろう。

沖縄市民にとって見れば、将来的に
基地からうけるマイナスの便益が
減っていくという見通しが立てば、十分だったはずである。

しかしそうはせずに、首相の「県外」という言質を取ろうとした。

沖縄問題に本当に詳しければ、
これが相当難しいと言うことは分かっていたはずだから、
そういう軽々な発言は控えるように進言できたはずなのに。

結局、社民党は、実際に沖縄の基地問題を
解決する気がないということか。

沖縄の基地問題が解決の方向に向かえば、
社民党の魅力はなくなる。

社民党が汗をかいて、基地問題を解決すれば
社民党のポイントになるのだろうが、
民主党にそれをやられると、
社民党はいらないと言うことになってしまうしね。

今回の普天間基地移設問題では、
福島党首の本気が全然見えなかった。

この人も、鳩山首相同様、
仕事ができない人なのかもね。

Pre > 鳩山さん、首相としては無策すぎた
Next > シルクのフンドシ、買いました。