にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

民主党はそんなに負けない

鳩山首相の辞意表明のニュースが流れた。

民主党の緊急両院議員総会が開かれ、
鳩山首相が20分にわたって鳩山政権を総括し、
辞意を表明した。

「やはりこのタイミングで辞任表明になったか、、、」
と言う感じやね。

去年も小沢代表が選挙前のこの時期に辞任した。

自民党などからの批判を引きつけるだけ引きつけておいて、
そこで辞任するという戦術にでた。

衆議院議員選挙を控えているのに新しい政策を打ち出せず、
自民党は「民主党批判ばかりしている党」という形になって、
予想以上の大敗を喫すると言うことになったわけだ。

だから今回も、たぶんこうなるんだろうなと思っていた。

今日の午前中は、テレビ東京以外は全て
生中継で、鳩山総理の辞任の挨拶を放送していたが、
鳩山氏は用意してあった原稿をただ読み上げるわけではなく、
選挙演説のようにマイク片手に堂々と話をしていたのには
正直の所、驚いた。

もうちょっと、ふらついているのかと思ったが、
この人は不器用なだけで、実はそんなにぶれてはいなさそうだった。

普天間基地の問題も、朝鮮半島の不穏な動きがあったため、
米軍との協議をとにかくまとめたかったということらしい。

数年前の選挙CMで、ATM利用料の無料化とか、
トンチンカンなアピールをしていた鳩山さんを考えると、
かなりましな演説だったように思う。


政局の関心は、次の内閣と政策へ

これでまた政治ニュースは民主党の次の政権と
その政策に関心が向かうことになりそうだ。

来る参議院選挙で、週刊誌や新聞などは、
民主党の大敗北を予想しているが、
おそらくはそんなに大負けはしないだろう。

民主党が衆院で過半数を持っている以上、
業界団体なども自民党を支持できないから、
民主党の大負けというのは考えにくい。

自民党にも民主党にも入れたくない浮動票が、
「みんなの党」などの新しい政党に行くだけで、
自民党はさらに議席を減らすだろうし。

鳩山政権は短命に終わっても、
民主党の政策がガラッと変わるわけではないし、
基本的には一つのイベントが終了したということで
民主党と、まだ見ぬもうひとつの政党という二大政党への流れは変わらないはずだ。

Pre > 社民党政権離脱、民主党には朗報?
Next > 菅直人首相って、ワンポイント?長期政権?