にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

菅直人首相って、ワンポイント?長期政権?

鳩山首相が辞任して、菅直人氏が首相になった。

菅直人さんというと、社民連で活躍していて、
その後、新党さきがけなどを経て
鳩山民主党の立ち上げに参加したという経歴の持ち主だ。

我々、団塊の狭間世代の人間なら知っているかも知れないが、
少年ジャンプでやっていた本宮ひろしさんの政治マンガにも登場していた。

男一匹ガキ大将』でヒットを飛ばし、ヤングジャンプでは『俺の空』、
そして最近は『サラリーマン金太郎』でヒットを飛ばしている本宮さんだが、
一時期、ジャンプで政治マンガをやっていた。

ウィキペディアで調べてみると、『やぶれかぶれ』というタイトルだ。

1980年代前半に書かれたマンガだが、
本宮氏自身が参議委員選挙に立候補を考えて、
当時、社民連に所属していた菅直人さんのつてをたどって、
色んな政治家と対談したり、後には各党の党首と面会した話を
マンガにしたというものだった。

だから我々の年代で、ジャンプをずっと読んでいた人から見ると、
菅直人という名前は、結構親しみのある名前だ。

で、どういう人なのかウィキペディアで『菅直人』を調べてみると、
この人、東工大の理学部出身で、応用物理をやっていたんだね。

うろ覚えのマンガの印象では、
東大の法学部出身のようなイメージがあったが、
バリバリの理系出身やね。

厚生大臣をやっていたときに大鉈を振るったり、
O157騒動の時に貝割れを食べるベタなパフォーマンスしたり、
しがらみなしに比較的シンプルな行動に出るのも、
考えてみると理系っぽい行動だったのかも知れない。

さて菅直人政権が誕生したわけだが、
果たしてワンポイントになるのか、長期政権になるのか。

7月の参議院選挙の結果や支持率次第だが、
大負けしない限りは続投しないとダメだろう。

Pre > 民主党はそんなに負けない
Next > 自民党を選ぶ理由はどこにある?