にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

自民党を選ぶ理由はどこにある?

国会の日程についての民主党の提案を野党が拒否したため、国会は予定通りの日程で閉会した。

これで日本の政治は、7月の参議院議員選挙の結果を見て、方向が変わると言うことになった。

本格的な政権交代が起こって、日本にも政治を一新する気運が高まってきたらしい。

大きな問題は、民主党に対抗できる、野党勢力がどのようにできあがるのかということだろう。

ここ十年ほどは、自民党と民主党というのが対立軸であったわけだが、民主党が政権を取るやいなや、事態は一変した。

というのも、自民党がどういう政治を目指す党なのか、自民党自身がわかっていなかったようだからだ。

それがなかったからこそ、昨年の総選挙の前から「民主党批判」や、「民主党たたき」にばかり力を入れて、その結果、自民党が目指す日本の形がどういうものなのか、我々有権者にはわからないと言う事態が生じた。

民主党政権が成立したあとも、与党になった民主党の批判に終始し、結局、自民党がどういう日本を目指すのか、全く国民に伝わらないと言う状況のようだ。

与党であったとき、国民が自民党を選択する理由は、政権党である事に由来した。

要するに、その時々の生活や経済を守るために、その時の与党の候補に票を入れると言うことやね。

そして自民党が担当しない政権に対する大きな恐怖もあったと思う。

本格的な政権交代は多くの国民にとって初めてのことであるから、恐怖が先に立って現状を容認する投票行動が起こっていたということだろう。

しかし民主党が政権を取って、良くも悪くも民主党の政治というのを国民が体験したことによって、それらの恐れはかなりの部分なくなることだろう。

そうなると、自民党に投票するというインセンティブは、どこにあるのかということになる。

みんなの党や新党改革など、新しい小政党ではなく、自民党でなければならない「選ばれる理由」というのは、どこに存在するのかってことだろう。

そう考えると、自民党が参議院選挙で勝つ見込みはほとんど無いことがわかる。

果たして参議院議員選挙後に、新しく誕生する対立勢力は、どんな形になるのか。

日本の政治において、大きな転換点となるのは間違いないようだね。

Pre > 菅直人首相って、ワンポイント?長期政権?
Next > 消費税反対しかないミニ野党、独自色が消える