にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

消費税反対しかないミニ野党、独自色が消える

さて、参議院議員選挙がスタートした。

選挙の争点は、消費税を近い将来、上げるかどうか、と言うことになりそうだ。

選挙前は、民主党の国会運営や、政治とカネ問題など、日本の将来にさほど関係ないことばかりが焦点になりそうだったわけだが、消費税を巡る議論が中心になると言うことは、望ましいことではある。

ある世論調査では、消費税アップやむなしが半数を超えるというのだが、果たして選挙にどう影響するのか。

しかしまあ、各政党とも、プレゼン力がないねえ、、消費税アップがなぜ必要なのか、なぜ反対なのか、その辺が全く伝わってこない。

自民党は、いち早く消費税10%アップを唱えているが、ニュースで報道されている党首の街頭演説では、消費税を上げて、それを何にどう使うのかは全然聞こえてこない。

民主党が消費税アップの話題を避けるものと踏んで、違いを出そうとしたのだろうが、民主党も同様のことを言い出したもんだから、困ってしまっているのかも知れない。

「民主党が、ばらまきだ」と批判しているだけで、増やした税収を何に使うのか、言葉が出てこない。

一方、政権を獲得して初めて全国規模の国政選挙を迎える民主党。

こちらの方は、財政再建、経済重視の姿勢を示しているが、しかし消費税アップの目的や時期については、「これから議論する」ということのようで、果たしてどういうモノなのかは不明。

不明というのは、恐れを引き出すから、これはちょっとマズいだろうね。

また消費税反対を怒鳴っているだけの小政党も、プレゼン力がないのが透けて見える。

消費税反対を唱えて議席を伸ばした過去の成功体験が、どうしても忘れられないと見える。

でもって、反対反対と唱えている政党がたくさんあるから、消費税反対に票を入れようと思っても、どこに入れればよいのか全く見えない状態かも。

この票がいったいどこへ行くのか、見所の多い選挙になりそうだ。

Pre > 自民党を選ぶ理由はどこにある?
Next > 所得税増税より、消費税増税の方がマシ。