にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

沖縄県知事、普天間基地存続を選択

菅直人首相が、沖縄県を訪問して知事と会談した。

普天間基地の辺野古移設に理解を求めたが、
沖縄県知事は県内移設を拒否し、
事実上、普天間基地存続を選択した。

普天間基地周辺の住民の劣悪な環境を改善する意志を見せず、
政府とアメリカ軍を説得できる対案の提出もせず、
普天間基地の存続を選択した。

この知事、政府にノーを突きつければ、
何か解決するとでも思っているのだろうか。

思っていたなら、とんでもない非現実主義者だ。

普天間基地の移設を望んでいるのは、
日本国政府でもなく、アメリカ軍でもなく、
普天間基地の地元である。

移設を望んでいるモノが、政府の移設案に賛成できないなら、
別のもっと具体的で魅力的な移設案を提示すべきであろう。

確かに沖縄は、日本で
2番目にアメリカ軍の軍用基地が多い地域である。

北海道に次いで、沖縄はアメリカ軍の使用する基地が多く、
人員数で考えても、アメリカ軍の半数が駐留する地域である。

しかしその費用のほとんどは、沖縄ではなく、
沖縄以外が負担している。

国防費や思いやり予算という不思議な費用や、
沖縄経済振興の費用など、
沖縄だけで米軍を負担しているような振る舞いはひどい。

普天間基地移設をすぐにでも実現したい人間は誰なのか?
それは日本国政府でもアメリカ軍でもない。

沖縄県知事は、実現可能でアメリカ軍や政府にとって
魅力的な代替案を出すべきだ。

普天間基地移設にノーを言ったのは、沖縄県知事なのだから。

Pre > 砂糖絶ち、効果なし
Next > ココアにはまる。ココアの健康効果とは