にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

ぱちんこ仮面ライダーで、山ほど仮面ライダーを歌う

久々にパチンコをした。パチンコ仮面ライダー ショッカー全滅大作戦と言うヤツだ。これがかなり面白い。基本的に7ラウンドのフィーバー台だから、当たっても1回ではそんなに玉が増えないが、レンチャンすれば一気に増える。

ここ数年はパチスロしかやっていなかったんだけど、最近のレギュレーション(5号機)では、こういうレンチャンでドバッと玉やコインが増えるというモノが禁止されているので、面白くなくなってしまった。4号機で大手メーカーが荒技を使ってしまって、その影響で規制が厳しくなってしまって、一気に退屈になった。

なんせアラジン2とか、サラリーマン金太郎とか、ものすごい低い確率だが、一日で何万枚も出るような仕組みを潜ませていた。それで一攫千金を狙えるとあって、5年前くらいは人気が爆発した。1日10万使うようなヒトも、山ほどいた。なにせ数ヶ月に一回程度、1日に60万円とか120万円とかいうのが出るわけだから、ギャンブラーとしてはもうワクワクだ。

それからパチスロ北斗の拳も、あっという間にコインが増えるという仕組みだったから、大ヒットした。超ウルトラ大ヒットというか、100万台以上生産されたらしい。なにせケンシロウとラオウが戦い続けると、あっという間に2~3万円分くらいのコインが貯まった。20レンチャンすれば、5万円分のコインが出た。何万円注ぎ込んでいても、一気に取り返せる可能性があるわけだから、みんな熱中した。パチンコ屋では、1フロア全部この機種にしたところもあった。

マシン自体に人気があったから、この辺の機種でパチンコ屋は大もうけしたはずだ。で、それを前提に経営を続けたから、台の人気が落ち、規制が厳しくなったら、一気に渋くなった。なんせパチスロ台自体、爆発力が無くなった上に、パチンコ屋が利益を確保しようとあまり出さなくなったわけだから、面白いわけがない。

その代わり、パチンコの方が規制緩和になって、色んなタイプの台が出てきた。1回の大当たりで出る球数は少ないが、長くレンチャンするタイプである。これが面白い。パチスロ北斗の拳も、1回のコインの増え方は少ないが、長くレンチャンする可能性があったので人気があったが、それをパチンコに移植したかんじだ。

十年前、CRマシンという、プリペイドカード式の台がでて、『大工の源さん』とか『黄門ちゃま』という大ヒット台があった。このマシンは、1回分の当たりで8千円分くらいの玉が出る上に、確率変動であと2回の大当たりが約束されていた。単発と確率変動という2種類の当たりがあって、確率変動は全絵柄の三分の一だった。単発か確率変動か、どちらを最初に引くかで、大きく勝ち負けが変わったが、このギャンブル性が大いに受けて、私も当時はかなりつっこんで負けた記憶がある。

が、今は、当たりを引くととりあえずレンチャンの期待がある。1回で終わるかも知れないし、10回以上続く場合もある。これが有り難い。しかも仮面ライダーの場合は、1回の大当たりで出る球数が少なめな変わりに、初回当たりの確率が低くなっているので、遊びやすい。

実際、最初の二回は、2レンチャンと単発だったが、その次に14レンチャンして、次は10レンチャン以上した。
収支も2万円くらいプラス。
ウルトラセブンバージョンも以前やったことがあるが、後継機の仮面ライダーの方が出てくる怪人数も多いし、なによりBGMが多彩だ。主題歌だけでも4つ出てくるから、もう歌いまくり。タマにストロンガーとか出てきて、こっちも主題歌が出て心が躍る。

こういうマシンが欲しかったんや! と思った一日でした。

Pre > 良質のビタミン剤の見分け方?
Next > 股関節体操で、風邪を引いてダルい?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://amiyazaki.s160.coreserver.jp/cgi160/mt/mt-tb.cgi/62

コメントする