にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

4年ぶりにハードディスク・クラッシュ!

4年ぶりに、パソコンが壊れた。
ハードディスククラッシュだ。

本当に久しぶりだったので、データがどれだけ残っているか、ちょっと不安だ。
一応、毎月dvd-rになくなると困るツール類は、焼いているんだけどね。

でまあ、ハードディスクを買いに町田のソフマップに出かけたんだけれど、なんかもう、様子が一変していた。

というのも40GB程度のハードディスクなんて、もうないんだね。

160GBだとか、250GBとかが普通で、しかも接続がシリアルATAとかいうやつ。

外付けHDDで、1TB(テラバイト)というのまであった。テラですか。

1TB=1000GBだけれど、久々に聞いたね、テラバイト。

というのも、以前働いていた会社で、テラデータというデータウエアハウス(データ倉庫)を扱っていたからだ。

テラバイトクラスの顧客データ(購買データ)を集めて、分析したり、ポイントサービスのオファーを考えたり、というツールだった。

で、これを運用するために、当時はハードディスクを20本くらい使っていた。というのも検索スピードを速めるために、20本のハードディスクを同時に検索するような仕組みだったから。

同じデータを(バックアップも勘案して)2つのディスクに収め、検索を別方向で行うという仕組みだったように思う。

価格は数千万から数億。ユニックスベースだったから、管理コストも毎年かなりのものだった。

それが今はなんと、たったの2万円前後でテラバイトのデータを家庭で扱える。びっくりやね。

シリアルATAって、なんだ?

で、値段にもびっくりしたが、接続方法が変わっていたのにもびっくりした。

というのもハードディスクの接続法というと、普通のパソコンのばあいはIDE(パラレルATA)だったのに、なんかシリアルATAとか、シリアルATA2とかいうのが主流だ。

シリアルATAというのが何かというと、転送速度が速いっていうことだった。

そりゃそうやね、250GBのハードディスクを快適に動かすには、今までのような接続方法では遅いはずだし。

だから業務用のパソコンには、SCSI(スカジー)という接続方法が使われていた。

でも、これってコネクタ自体が異なるから、新しい内蔵ディスクを買うにしても今のパソコンにつながらないと意味がない。

で結局、お金もないことだし、中古品を買うことにした。

80GBでなんと2千円弱。

壊れたハードディスクが40GBで、新しくするとなると一万円弱くらいを覚悟していたから、これもまたびっくりした。

まあUSBメモリーなんて、4GBとか16GBなんてものが500円から売っていたから、もう40GBなんて骨董品なのかもしれないね。

Pre > 呼吸法、もしかしたらずっと間違えていた?
Next > ラピスラズリ、白っぽくなってきた・・・