にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

レンタルサーバーのcron設定、難しい...

サイト内のファイルを何ヶ月も更新していないと、ヤフーなど検索エンジンから「死んだサイト」として扱われるとか言うウワサがある。で、それを防ぐために、トップページだけでも更新されるように、オートリフレッシュマスターなど、いろいろ手段を講じていた。

だけど、なんかこういう意味のないページがドンドン増えていくというのは、訪問者に対してやっぱり申し訳ない。ロングテールでせっかく来てもらったのに、ただのRSS記事だけのページだと、つまんないだろう。plamoサイトだったら、動画もあるし関連商品もあるわけだから、色々楽しんで帰ってもらえるだろうけど。

そこで、一旦オートリフレッシュマスターはやめにして、現存するファイルの更新だけを行うことにした。
ただ、手動でいちいちMTを再構築するのも大変だ。そんなことをやっていたら、一体何時間かかることやら。ということで、ファイル・リフレッシュ・ツールを使うことにした。長岡式のパッケージに入っていたヤツだ。

これは手動でも、cron設定でも使えるツールなのだけれど、サイト数が多い上に、あちこちに散らばっているから、なるべくタイマーで自動更新したい。なので、cron設定をやってみた。
で、私が使っているレンタルサーバーで、これができるのは、さくらサーバーXREAサーバーさくらサーバーはうまくいったけれど、coreserver(XREA)の方は、どうもうまくいかない。
さくらサーバーの場合は、MTの指定日投稿機能を使うために、以前一度やったことがあったので、比較的簡単だった。実際に設定してみたら、一度目は失敗したが、コマンドの絶対パスが間違っていただけだった。

ところが、CORESERVER(xrea)の方は、難しい。さくらサーバーの場合は、コマンドをweb画面から直接設定すればいいのだが、XREAの場合は、コマンドを別ファイルにして、それをシェルコマンドのファイルにして保存し、読むという形のようだ。シェルコマンドなんて言う言葉、大学の情報処理でUNIX端末を触ったときに聴いて以来だね。
で、よくわからないなりにやってみたが、全然ダメ。コマンドの書き方がよくわからん。
やっぱりCORESERVER(xrea)は、難しいね。月500円で、15GB、ドメイン設定9999個、というお得なレンタルサーバーだけに、マスターしたいんだけど。

あ、サーバーからメールが来た。

cannot execute binary file

失敗だ...

Pre > 餃子の王将、黒酢を使え!
Next > アフィリエイトは、高目狙いに限る!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://amiyazaki.s160.coreserver.jp/cgi160/mt/mt-tb.cgi/52

コメントする