にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

マスターの教え2 心は3段階?

マスターの教え』の続きである。

このマスターの教えというのは、1929年という、世界大恐慌の年にアメリカで出版された本らしいのだが、どういう経緯でこの本が出たのか、著者がどういう人物だったのか記録にないような、ごくごくマイナーな本だったらしい。

それが93年になって見いだされ、アメリカで出版されたということらしい。だからこの『マスター』と言う人間が、実在したならどういう成功者であったのか、それとも架空の人物なのかはまるでわからない。

で、前にも書いたとおり、本当に薄っぺらい本である。

硬い表紙を取り除けば、ダイソーで売っている100円ブックス程度の厚さしかない。

書いてあることも、心を整理して内なる心を自由にさせろと書いてあるだけだ。

ただ、普通の成功哲学と違うのは、人間には心が3種類あるとしているところだ。

普通の成功哲学のストーリーというのは、人間は潜在意識によって行動が無意識に影響を受けるから、潜在意識に働きかけて成功の方向に持っていこう!ということである。

意識というのと、心というのは、厳密に言うと別のモノかも知れないが、これは2層構造だと言うことだ。

ところが、このマスターの教えという本では、3層構造のように書いてある。

  • 外なる心

  • 内なる心

  • 奥なる心

だ。

一番奥にある心は、自動で動いているので、考えなくてもいいと書いてあり、外なる心というのもどうもコントロールできないもののようだ。

ただ、この外なる心というのは、外界からの刺激によって揺れ動くものらしく、これが内なる心に絶えず影響を及ぼしてくる。

だから外界からの刺激を遮断して、内なる心と対話するのが大事で瞑想しろと書いてある。

これって、四魂の関係に、ちょっと似ているね。

心はコロコロ変わるから心。魂は変わらずに特定の方向を向いているっていうやつ。


天命練習帳

Pre > マスターの教え
Next > ゆる体操、私にはかなり難しい...

コメントする