にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

おいしいペペロンチーノの作り方

パスタの中で、私が今、一番好きなのは、ペペロンチーノである。
ペペロンチーノというのは、正式には、「アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ」という。ニンニクと唐辛子だけのパスタである。
ウィキペディアの記事によると、

イタリア語でアーリオはニンニクを、オーリオは油(特にオリーブオイル)を、ペペロンチーノは唐辛子を意味する。これら三つ(とパスタの茹で汁)を調理して出来るのが、基本のオイルソースになる。
スパゲッティ・アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノは、このオイルソースにロングパスタを絡めた単純な料理。イタリアでは家庭などで簡単に作られる、いわば「お茶漬け」的な食べ物である。
材料も少なく作るのも簡単だが、素材の選別から下処理、火の通し方、仕上げ方に至るまで調理法は多岐にわたる。素材の質と料理人の技量が味に直結する、ごまかしの利かない料理でもある。

とある。
ペペロンチーノって、唐辛子のことやったんやね。ということは、これが生まれたのは、唐辛子がアメリカ大陸から伝わった16世紀以降ということか。

★材料★ スパゲッティなどのロングパスタ(100g)、ニンニク(1~3片)、オリーブオイル(30cc)、唐辛子(1~2本)のみ。他に、パスタを茹でる湯と塩を適量。後は好みによってイタリアンパセリなどハーブ類、胡椒やアンチョビを加える程度。 ロングパスタには、スパゲッティ(1.9mm前後)よりも細目の、スパゲッティーニ(1.6mm前後)やフェデリーニ(1.4mm前後)が好まれる。これは麺が太いとオイルソースがパスタに絡みにくいため。
★基本的な作り方★ (1)ニンニクを切るか潰して芯芽を取り除く。唐辛子(鷹の爪)も切るかちぎって中の種を取り除く。 (2)冷たいフライパンに、ニンニク、唐辛子、オリーブオイルを入れる。フライパンを傾け、弱火でじっくりと熱して香りと辛みのエキスをオイルに移す。 (3)パスタはたっぷりの湯に1%の塩分を加えて茹でる。アルデンテに茹で上げたら、茹で汁30ccと一緒にフライパンに入れ、よく振りながら、オイルソースと絡める。

まあ、私の場合は、SBのスパイスミックスをかけて食べるけど。
作り方はとても簡単。
(1)パスタをゆでて、ゆで汁を少し取ってこのスパイスミックスを溶かす。
(2)パスタを湯切りして、ごま油を少しかけて混ぜる。その後、このスパイスミックスを入れて混ぜる。
(3)味が薄ければ、さらにスパイスミックスを振りかけて混ぜる。
約20食分で300円弱だから、相当お得。

■スパイスミックスペペロンチーノ53g■スパイスミックスペペロンチーノ53g

■価格:262<円(税込)
■/e-エスビーフーズ

詳しくはこちら

Pre > おいしいパスタのゆで方
Next > 靴下の重ね履き、五本指シルクソックスの効果

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://amiyazaki.s160.coreserver.jp/cgi160/mt/mt-tb.cgi/91

コメントする