にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

タンメンがうまい。なぜかタンメンにはまる。

最近、タンメンにはまっている。なんか朝起きると、タンメンが無性に食べたい。

私は関西人なので、タンメンというモノがあるというのは、全然知らなかった。タンメンというのは、関西ではものすごくマイナーな麺料理だから、知らないのも当然か。

ワンタン麺
は知っているが、あれはワン・タンメンじゃなくてワンタン・メンだから、基本的には別物だろう。

横浜には、他にもサンマー麺というのがあって、あんかけもやしラーメンなんだけれど、特に食べたいとは思わない。が、なぜかタンメンが無性に食べたい。

ウィキペディアで調べてみると、タンメンというのは、

タンメンは日本の関東地方を中心とした地域だけの独特な中華料理であり首都圏ではポピュラーな料理だが、西日本地域では余り知られておらず、中華料理店のメニューにも殆ど載っていない。発祥の地や歴史は諸説あり、横浜か東京と言われている。時期も戦前からあるという説と、戦後になって出来たという説がある。
と載っている。

さらに

一般的なタンメンは細ちぢれ麺と鶏がらでとったスープを主体に、もやし、ニラ、にんじん、キャベツ、キクラゲ、タマネギ、豚肉等を塩・胡椒で炒めたものを上に載せた、塩味のラーメンである。通常は前述の炒めた物の中に、鶏がらスープを加えてから麺にかけるので、野菜炒めを載せた塩味ラーメンではない。東京ラーメンの一種で、中華料理店で供されることが多い。

具材にトマトを用いたもの、味噌味のもの、ラー油とお酢を加えた酸辣湯麺など、各種バリエーションがある。 中国に「湯麺」という料理があるが、スープと麺だけの料理で具材は入っていない。

とある。

ようするに、チャンポンや塩ラーメンと似た食べ物だけれど、微妙に違う。これって一体何なんだろうね?

チャンポンや塩ラーメンも食べたい気分なんだけれど、なぜかタンメンだ。

近くのスーパーで、3玉入りのタンメンを買ってきて、チンゲンサイやもやしなどを先に湯通しして器に移し、そこに後からゆでた麺を入れる。濃厚な塩味のスープが忘れられない。

で、なぜこんな気分なんだろうと思って思い返してみると、最近、砂糖の替わりにパルスイート(アステルパーム)を使い始めたことくらいしか、原因が思いつかない。

カロリー10分の1の粉タイプのヤツで、これで砂糖を減らそうって魂胆だが、減らした砂糖の替わりに、塩分を身体が求めているのかも知れない。

そういえば、1日2食のメルマガで、甘いものが食べたくなるのは、塩分が不足しているからという話を読んだ記憶がある。

砂糖や塩というのは、防腐剤としても使われてきた。砂糖漬けや塩漬けというのは、そうすることによって雑菌の繁殖を抑えているんだとか。

身体もおそらく同じようなことをしていて、塩分や砂糖で身体を守っているんだとか。

そういう解釈なら、濃い塩味のタンメンにはまるのも納得だが、果たしてどんなもんなんだろう?

ただタンメン1つで体調が良くなるなら、有り難いことかも知れない。

Pre > ベビーフット、足裏のマッサージする前に、ピーリングジェルはどうかな?
Next > 冷凍庫、壊れる。