にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

年末大掃除、激泡バスクリーナ、思ったほどは落ちないが使える

父親が上京するというので、部屋の掃除を始めた。

そのために掃除道具をドラッグストアに見に行ったら、
スクラビングバブルで風呂掃除できるというスプレーがあった。

日本初上陸の「激泡バスクリーナ」という商品だ。

動画の説明が流れていたので、それを見ていると、
風呂のタイルなどに「スクラビングバブル」というのを吹きかけて、
2分ほどおいた後に、水で流せば汚れが落ちるということだった。

昔のヘアスプレーみたいな大きなスプレー缶入りで
値段も298円だという。コレは面白そうだ。

で、洗剤やらぞうきんなどを買って帰って、
まずは風呂掃除だ、、と勇んで風呂掃除を始めたのだけれど、

思ったほどは落ちないみたいやね。

スプレーして2~3分後に水で流せとあるが、
流してもそれほどはきれいにならない。

なにせもう半年くらい掃除していない風呂場やからなあ、、、

しかし柄付きブラシでこすると、黒いカビは簡単に落ちる。

スプレー缶の裏側を見ると、

「汚れのひどいときは、スポンジでこすって下さい」

と書いてあるので、確かにコレは効いているってコトらしい。


かびとり剤は危険なので注意!

しかし、カビ落としをするには、
かなり強烈な薬剤が必要なはずである。

かびとりキラーなんか、マスクまでしないといけないんだ。

これって実は強めのアルカリ性。

かびとり剤にも色々あって、
納豆菌を利用して退治するモノもあるが、
時間がかかる。

一方、化学薬品で退治する場合は、アルカリ性の薬剤になる。

殺菌剤というのは基本的にアルカリ性で、
カビって言うのは生物だから、
アルカリ性の薬剤で細胞膜をこわして退治する。

それが実は人間の皮膚の細胞もこわすので、
弱めのアルカリ性でも手が荒れる。

だからこそ換気やマスクやゴム手袋が必要なわけだ。

缶の裏に、液性は「アルカリ性」とあるから、
確かにそのようだ。

まあしかし、けっこう使えるスプレーと見た。

値段も298円と手軽だし、けっこうな量が入っているので
3ヶ月くらいは使えるようだ。

ついでにお湯を沸かしてジャバで風呂釜の中も洗った。

こっちもけっこう汚いのが出た。

年末だし、きれいにして新年を迎えるとしよう。

Pre > 第3世代携帯、ワンセグチューナー付きに替えました
Next > ジャックスからなんか来た。貸金業法関連だ