にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

家庭でタラソテラピー、ちょっと難しいね。

家でタラソテラピー海洋療法)みたいなことが
できないかと思って、風呂に塩を入れてみた。

適当に入れてみたが、なめてみても全然しょっぱくない。

確かに少し塩辛かったが、海の塩辛さを考えると全然違う。

なので家にあった塩を全部入れてみた。
おそらくは一キロくらい入れただろう。

そしたら味は海の塩味に近づいてきたが、
計算してみるとまだ全然塩分濃度が足りない。

海水の塩分濃度は約3.5%。
1リットル中に35グラムもの塩分が含まれている。

一方、浴槽の容積がどれくらいか調べてみると、
満水状態で250リットルくらい。

ウチの狭い浴槽だと、おそらくその半分くらいだから、
ざっと100リットルで計算してみる。

そうすると、塩を3.5キロも入れないと、海水と同じ濃さにはならない。

ウエー、海ってどんだけ塩があんねんってかんじ。


1キロも2キロも大して変わらない...

でまあ、考え方をちょっと変えて、人間の体液くらいの濃さにしてみよう。

人間の体液の塩分濃度というのは、約0.9%だそうだ。
となると1リットル9グラム。100リットルでも900グラムって事になる。

これくらいなら、風呂に1キロくらい塩を入れれば可能だから、
やってやれないことはない。

そういうわけで、家にあったありったけの塩を浴槽にぶち込んでみたのだが、
もうひとつぴんと来ない。

で、業務スーパーに行ったら、安い塩が一キロ60円ほどだったので、
それを3つほど買ってきて、1袋追加してみた。

塩分濃度は、約2%。

・・・あれ、おかしいね。

塩分を倍にしてみたというのに、なんか全然変わらない感じ。

0と1とは、確かに違う感じがするけど、1と2はあんまり変化が分からない。

ただ、塩水風呂は、確かに身体に良さそうな感じはある。

というのも長風呂が苦手な今の体調でも、
ぬるいお湯ならボンヤリと長時間つかっていられる。

普段なら、何十分も使っていられないのに、ちょっと寝てしまった。

あがってからも、身体がぽかぽかしていて、驚いた。

こういう感覚は、いつ以来だろう。
スーパー銭湯に2時間くらいいた時以来かな。

スーパー銭湯は、なんだかんだ言っても千円以上かかってしまうので、
塩一キロくらいで同じくらいの高価が見込めるなら、
やる価値はあるかも知れない。

今週はとにかく、塩水風呂と言うことにしてみようか。

Pre > タラソテラピー、家でできないか?
Next > 癒し系CD、三つ目はどうか?