にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

Dr.コパの盛り塩パワーでもっと強運になる

Dr.コパの盛り塩パワーでもっと強運になる」という本を手に入れた。

Amazon→Dr.コパの盛り塩パワーでもっと強運になる

盛り塩について、詳しく書かれている本が無いかいな?と思っていたら、偶然にも手に入った。ブックオフに出ていたのだ。

こういうのを縁というのかいな? 塩だけに、ご塩(えん)があるというか。

しかしまあ、盛り塩だけで一冊書くのは大変のようで、具体例が半分以上占めるという内容。
逆に言うと、盛り塩で思いつくことは全部書いたという感じかもしれないね。

実例はいいとして、効果の報告はちょっと怪しいが。

盛り塩と清酒でお清め

コパ氏の風水は、神職の風水で、至る所に清酒をパッとふると書いてある。

清酒自体、日本のモノだから、これは神事としてのお払いってコトなんだろうね。

盛り塩に関してはよく、「中国の皇帝(あるいは高官)が、牛車(あるいは羊)が停まった妾のところに寄ったために、皇帝が来てくれるように玄関先に牛の好物の塩を盛った」という起源が載っているが、これは日本でも似たような話が伝わっているらしい。(牛問い婚


どの話も微妙に主人公や動物が異なるので、本当のことかどうか、非常に怪しいのだけれど、しかし洋の東西を問わず、塩は貴重で邪を払うモノとして使われていたらしい。

塩は殺菌作用があるというので、食品の保存などに用いられているが、そのアナロジーで邪を払う力があると信じられてきたっていうことだ。

ただ、塩の殺菌作用と言っても、塩水の海の中には様々な細菌やウィルスが眠っているわけだし、様々な生物が生きているわけだから、それほど強烈なものではない。

ちょうど良いくらいの殺菌作用というかんじだ。

塩の良し悪し

コパ氏くらいの人になると、塩を見ただけで、利きそうかどうかわかるらしい。

良く利きそうに見える塩って言うのは、何かそういった波動を持っているのかもしれない。

塩をなめてみれば、塩化ナトリウム100%の塩はトゲトゲしいし、天然塩は甘みが多少あるから、発している電磁波や色も異なるのかもしれない。

で、盛り塩をするのに良い塩というのは、

  • 天然塩
  • 日本の海でできた塩
  • 今住んでいる場所から吉方位でできた塩
ということらしい。

他の本には、天日干しの塩が良いなんてかいてあるが、日本の海で作る塩というのは、日差しがあまり強くないのでなかなか天日干しでは作れない。

沖縄の塩に天日干しのモノがあるが、そこまでこだわらなくても良いのかも知れない。

まあとりあえず、実践してみよう。

Pre > ゆで卵ダイエット、面倒なので、目玉焼きで代用。
Next > パワーストーンは、友だち?