気功は、コツをつかむのが難しい...

気功は、コツをつかむのが難しい...

気功は、コツをつかむのが難しい...

『気の実践 小周天健康法』という本を手に入れた。まあ、気功の本だね。

 

Amazonをみたら、どうももう絶版になっているらしい。1円になっていた。95年の本だ。

 

で、内容だけど、かなりシンプルだ。

 

要するに、身体の中心を通るトク脈と妊脈の気の流れをスムーズにせよって言う話だ。

 

ただ、書いてあることはシンプルなんだけど、1つ1つやるのに結構時間がかかる。

 

たとえば、テイ肛っていう、会陰部を引き上げるのは、50回やれと書いてある。

 

それから精力を補う丹田呼吸法は、10分やれと書いてある。

 

調息呼吸法も10分。あれもこれも10分で、結局半時間以上もかかる勘定だ。

 

これって、やるまえから続かないことがわかる。

 

時間がかかるのは、続かないんだよね。特に私みたいな頭痛・肩こり・腰痛持ちには。

 

昔、馬歩たんとう功をやっていたとき、かなり高馬歩だったのに5分と持たなかった。

 

続くことって言うと、一分くらいで終わるモノだけ。

 

因みに、気功革命―癒す力を呼び覚ますに載っていた手ふり気功も、続かなかった。ただ前後に手を振るだけなんだけどね。

 

ただ、この小周天健康法の本に載っていた、ネコのポーズ(小動物の姿勢)というのは、いいね。

 

15分くらい必要と書いてあるけど、ただ布団の中でうつぶせになっていればいいだけだから。

 

要するに、私の場合、立ってやることは続かないんだ。身体がガチガチ(過緊張)で、立ってること自体が辛いから。

 

寝てできる気功を、もう少しさがしてみようか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る