木酢液で、ピーリング。なんかすごい効果。

足湯機の冷え取りくんに木酢液を入れてから、かれこれ3日たった。

 

起きてパソコンに向かっている間はずっと、冷え取りくんに足を突っ込んでいるので、5時間以上は木酢液入りのお湯に足をつけていることになる。

 

おかげで、とうとう足の裏の皮が少し剥けだした。

 

今までは足の甲からボロボロ垢のようなモノがでるだけだったが、少しずつ皮が剥ける範囲が広がって、ほんのちょっとだけだが、足の裏側に食い込んだ。

 

おお、すごい。

 

スクラブ入りのピーリング・クリームでは、全く何の効果も出なかった部分が、剥けてきた。

 

ちょっとした感動。

 

かかとや足の裏は、まだ分厚い皮が覆ったままで、きれいな皮膚はまだ見えない。

 

この汚い足の裏のまま、この後何十年も暮らすのかと思っていたが、木酢液のおかげで子供のようなきれいな素足も夢じゃないかも。

 

オジサンが、何を夢見てるんだろうね?

しかしまあ、皮が剥けだしてから思うけれど、体のケアって本当に大事だね。

 

今まではメタボ対策として、体重ばかり気にしていた。

 

が、体の中のあちこちに、足の裏の皮膚の角質のように、不要で固まったゴミが溜まっているのかも知れない。

 

そう思うと、いろいろ考えてしまう。

 

足の裏の皮って、たかだか皮だけれど、分厚くなるとどうも足の裏の動きを制限しているみたいだしね。

 

おそらくこの皮がきれいに剥けると、歩き方も変わってくるような気がする。

 

それにしても、冷え取りくんに足を突っ込み始めてから6年もたつのに、足の裏が気になり始めたというのは、いったいどういう事なんだろう?

 

こっちもまた、ちょっと気になるね。

 

Amazonで木酢酢を探す

 

★楽天市場で木酢酢ランキング

広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
houbi(宝美) LULUSIA-ルルシア- フェイスマスク タイアップLP みんなの肌潤風呂