にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

薄毛を予防するには?

髪の毛が薄くなってから育毛しても、実際はなかなか改善されない場合が多いようです。ですので薄毛の兆候に気づいたら、すぐに対処すべきでしょう。その方がコストずっと安く済むようです。ですので、なんか髪の毛が薄くなったな、薄毛なのかな?と思ったらすぐに予防策や手当てを実践しましょう。

でも、薄毛の兆候ってなに?どんな状態なんだろう?
以下は、チェック項目です。当てはまる項目が多ければ多いほど、薄毛の可能性が高くなります。

  1. 髪の毛がやわらかくなってきた。
  2. 黒い毛だったのに色が薄く茶色っぽくなってきた。
  3. 朝起きても寝ぐせがつかなくなってきた。
  4. パーマなどしていないのに髪にくせが出てきた。
  5. 髪の毛が傷みやすくなってきた。
  6. 髪の毛の成長が遅くなってきた。
  7. 髪の毛の生え際が伸びにくくなってきた。
  8. 頭がかゆい
  9. フケ症になった
髪が薄くなる症状はいろいろですので、これはほんの一例です。人によって現れてくる症状は、千差万別ですので良く観察してみましょう。

もちろん専門医師に診断してもらうのは、オススメです。自分の症状に適した手当てが行えます。本やインターネットで情報を収集するのも良いのですが、自己流で手当てを行っても、なかなか回復にはつながらないかもしれません。

生活環境や食生活などが原因して薄毛になることも多いそうですので、何でも良いから市販の育毛剤を使用するだけで髪の毛が戻ってくることは、なかなか期待できません。
育毛は、状態によって手当ての仕方が異なりますので、独学で処方しようとはせずに、定期的に専門家の診察を受けて対処したほうが良いでしょう。

まあもちろん、診察を受けたからと言って髪の毛が戻る保証はないんですけど、最初は情報収集を兼ねて診察を受けた方が良いかと思いますね。

Pre > 頭皮マッサージの方法、育毛の注意点
Next > 毛乳頭(もうにゅうとう)ってなに?