うつぶせ寝、1年後の感想

私がうつぶせ寝健康法というのを知って、もう1年以上になる。

 

毎日うつぶせ寝で、熟睡、朝起きたら壮快・快適!…と書きたいところだけれど、これがまあ、なかなかうまくいかない。

 

1年たっても、うまく眠れない…というのが、実はホントのところである。

 

その一番の理由は、おそらく身体の力が抜けないってことだ。

 

変な話、私の身体は力が入りまくっている。

 

胴体力体操とか、ゆる体操とか、ルーシーダットンだとか、いろいろやってみるけど、結局からだがゆるまない。

 

こういう状態でうつぶせ寝をしても、なかなかうまくいかない。すぐに仰向けに戻ってしまう。

 

特に腰が痛いときや、風邪などで身体がガチガチに固まってしまっているときは、うつぶせ寝はかなり難しい。まず、うつぶせになれないんだ。

 

子どもがよく、ところ構わずうつぶせになって寝ているのは、身体がまだ柔らかく、しかも脱力できているからだろうと思う。

 

思いっきり遊んでエネルギーを使い果たして、全身でゆるんでいるってかんじだろう。

 

ああいう状態で寝れれば最高なんだけど、なかなかそうはいかない。

 

ところが実は、こう言うふうに身体がガチガチに固まっている時ほど、うつぶせで寝たくなるから不思議である。

 

そう言うとき私は、たわら型のバランスボールとか、厚めの座布団とか、そう言うもので強制的にうつぶせになって、寝るのだが、それでも気がつくと仰向けか横向けになっている。

追伸

うつぶせ寝健康法を知ってから、恐らくもう10年くらい経つかも知れない。

 

現状はどうなっているかというと、特に一生懸命うつぶせ寝をするという感じではない。

 

ただ、いつでもうつぶせ寝が出来るように、柔らかい枕やクッションを使い、バスタオルを巻いて寝ている。

 

これだといつでもうつぶせに寝れるし、よだれや鼻水なども気にしなくて良い。

 

で、やっぱり、寝始めにはうつぶせ寝になれない。

 

少し寝て、夜中に目が覚めた後、思い出したようにうつぶせになって寝ている。

 

朝早く目が覚めて、二度寝するときも、大抵はうつぶせ寝で寝ている。

 

生活の中に、うつぶせ寝は今でも存在していると言うところかな。

 

寝具に関しては、冬は敷き布団と敷き毛布に羊毛、掛け布団は羽毛布団の2枚重ねと、綿毛布。

 

夏は薄い煎餅布団に綿毛布、という感じで寝ている。

 

体調は、まあまあだ。

 

うつぶせ寝 枕をAmazonで探す。

 

うつぶせ寝 枕を楽天市場で探す。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加