にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

うつぶせ寝、1年後の感想&ひもしばり健康法

私がうつぶせ寝健康法というのを知って、もう1年以上になる。
毎日うつぶせ寝で、熟睡、朝起きたら壮快・快適!…と書きたいところだけれど、これがまあ、なかなかうまくいかない。
1年たっても、うまく眠れない…というのが、実はホントのところである。

その一番の理由は、おそらく身体の力が抜けないってことだ。
変な話、私の身体は力が入りまくっている。
胴体力体操とか、ゆる体操とか、ルーシーダットンだとか、いろいろやってみるけど、結局からだがゆるまない。
こういう状態でうつぶせ寝をしても、なかなかうまくいかない。すぐに仰向けに戻ってしまう。
特に腰が痛いときや、風邪などで身体がガチガチに固まってしまっているときは、うつぶせ寝はかなり難しい。まず、うつぶせになれないんだ。

子どもがよく、ところ構わずうつぶせになって寝ているのは、身体がまだ柔らかく、しかも脱力できているからだろうと思う。思いっきり遊んでエネルギーを使い果たして、全身でゆるんでいるってかんじだろう。
ああいう状態で寝れれば最高なんだけど、なかなかそうはいかない。

ところが実は、こう言うふうに身体がガチガチに固まっている時ほど、うつぶせで寝たくなるから不思議である。

そう言うとき私は、たわら型のバランスボールとか、厚めの座布団とか、そう言うもので強制的にうつぶせになって、寝るのだが、それでも気がつくと仰向けか横向けになっている。

だから次善の策として、そう言うときは、ひもしばり健康法で寝ることにしている。

ひもしばり健康法というのは、京都の整体師の磯谷氏が見つけた健康法で、足首と膝下、それからひざ上を紐で縛って寝るという健康法だ。

バンジージャンプをするときに、足首とかヒザをくくるけれど、アンナ感じで足を割り箸のようにしっかり固定する。それで仰向けで寝る。

そうすると足がぽかぽかしてきて、朝起きたときに多少気持ちいい。
ただし蒸れるけど。


「ひもしばり」健康法―腰痛・膝痛・体の痛み ひも1本で治す!


ひも1本で家庭でできる!「冷え取り」ひもしばり健康法―冷え症から不眠、婦人病、慢性病までカンタン解消!

Pre > へそ周り6センチ減!太った原因は、運動不足?
Next > ひもしばり健康法やりかた