寝酒に頼るな。寝る前の飲食は、控えめに。

睡眠を上質なモノにするためには、寝る前にはあまり飲み食いしない方が良いようだ。

 

たとえば適量のアルコールは健康を増進するといわれているが、寝酒を習慣にしない方が良い。寝る前に飲む「寝酒」を続けると、快適に眠ることができなくなることがあるので注意が必要なんだという。

 

アルコールを飲むことで、寝付きがよくなることは確かなんだが、夜中に目が覚めてしまうことが多い。アルコールを飲むと、眠りの一定のリズムが崩れ、このような現象が起こるようなんだ。
また、寝酒を習慣にしているようだと、そのうちに大量のアルコールを取らないと眠れなくなることもでてくる。

 

寝付きが悪くて、どうしてもアルコールに頼ってしまう人は、睡眠導入薬(ドリエルなど)を飲む方が、健康に良いかもしれない。最近は、作用時間が短い優れた睡眠薬が開発されているようだし。

 

もちろん、気軽に相談できる医師がいれば、相談してみてください。

また人間には体内時計があり、夜になれば眠くなり、朝には目覚めるという活動サイクルをもっているので、朝、目覚めたときに太陽の光を見ることで、脳の体内時計が朝を感知して、体内時計を調整してくれるそうだ。

 

この時点から入眠までのカウントダウンが始まって、ホルモンの分泌により、一定時間がたつと眠気がくるようになっているらしい。だから、夜良い寝付きができるためには、朝、たっぷりと太陽の光を浴びることが大切なのだそうだ。

 

また、昼間には、活動をしっかりとして、身体を適度に疲れさすことも、良い睡眠に効果的だという。夜更かしをすると体内時計が狂ってしまい、睡眠障害につながりうる。

 

また、たとえ生活リズムを守ったとしても、寝る前にカフェインの入った飲み物(コーヒーや紅茶、ウーロン茶など)を飲むと、目がさえて眠れなくなってしまう。

 

さらに、寝る前に喫煙することも、眠れなくなる原因になるので注意が必要だ。寝ている間は、胃や腸も活動がゆっくり二なるので、寝る前の2〜3時間以内は、食事は極力避けたい。

 

寝る前に物を食うと、肩こりの原因になるなんて話もあるしね。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加