ぷるぷる気功、ぷるぷる健康法、やり方

ぷるぷる気功、ぷるぷる健康法、やり方

ぷるぷる気功、ぷるぷる健康法、やり方

ぷるぷる気功に興味が湧いた。

 

ぷるぷる気功というのは、身体をぷるぷる振動させるだけの気功だ。

 

ぷるぷる健康法とも言う。

 

熟年世代向けの健康雑誌「ゆほびか」3月号で、脳機能学者とか言うドクター苫米地が紹介して、怪しいDVDブックなんかもでている。

 

数週間前に、一度この本をぱらぱらとめくっていた覚えがあるんだが、そのときはそんなに興味が湧かなかった。

 

というのも、ぷるぷる健康法というのは、ただ身体を揺するだけの健康法で、これって高岡英夫さんの「ゆる体操」と同じやなあと言う感じで見ていたからだ。

 

しかしまた「ゆほびか」で特集されていて、それをスーパーで見かけたもんだから、どんなもん何だろうね?とネットで色々検索し、結局、ゆほびかを買ってきたというわけだ。

 

ぷるぷる気功 やりかた
ぷるぷる気功法というのは、からだをプルプル震わせるだけの気功法・健康法だ。

 

身体を振動させると、身体が整うという、本当にシンプルな気功法だ。

方法は簡単で、まず両手で拳を作る。

 

親指を薬指の付け根当たりに折り曲げて、他の指でそれを包む。

 

それを両肘を横に張り出し、水平に保つ。

 

拳を小指の方向に軽く振り下ろして、それを戻す。

 

真下でも良いし、前方向でも良いが、そうして軽く振る。

 

その振動を、身体全体に広げていく。

 

拳の位置や振動させる方向は、好きに変えていって良いということで、慣れると何でもアリのようだ。

 

立ってやっても良いし、座ってやっても良い。

 

時間も3〜5分以上、気持ちよい程度にやればよいということらしい。

 

ただし本格的に修行としてやるのであれば、一日数時間、100日続けてやる必要があると言うことだ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る