舌を上あごに押しつける健康法、やってみた。

舌を、上あごにべたっと付けて押し上げるように意識して生活すると、いろいろと健康になれるとか言う本を見つけた。

 

広島の歯科医さんが言っていることらしいが、舌先ではなく舌の腹を上あごに吸盤のように押しつけると言うことらしい。

 

舌は下でなく上に "舌の吸盤化"で、あなたの脳力・人生が開花する!という本だ。

 

舌を付けるだけなら、今からでもできるので、ちょっとやってみた。

 

やり方は舌を口の中で上あごに押しつけると言うものだが、舌先でなくて舌の腹の部分をべたっと上あごに押しつけて、アゴを上方に押し上げるようなイメージらしい。

 

舌を上あごに押しつけるという健康法、やりながら寝たが、寝起きの気分が多少良い。

 

天気も良いので偶然かも知れないが。

 

 

舌を上あごに押しつけているので舌は緊張しっぱなしだが、これをやることで確実に鼻呼吸になるようだ。
おかげで鼻はちょっと詰まり気味だが。

 

寝ている間に舌がどうなっていたのかは不明だが、起きた時点で上あごに舌がついていたので、実はここがホームポジション(基本位置)なのかも知れない。

 

肩こりや首コリに効果があるかどうかは、現時点ではよく分からないが、少なくとも口呼吸ではなく、鼻呼吸になるのは確かだな。

 

もう少し続けてみよう。

 

鼻呼吸の本

 

広告
このエントリーをはてなブックマークに追加
houbi(宝美) LULUSIA-ルルシア- フェイスマスク タイアップLP みんなの肌潤風呂