五十肩って、こんな病気やったんや

五十肩って、こんな病気やったんや

五十肩って、こんな病気やったんや

西式健康法の平床寝台(へいしょうしんだい)をしていたら、左肩が痛くなりました。

 

平床寝台というのは、固い床に直に寝る健康法で、毛布一枚だけ畳の上に敷いて寝ていたんです。

 

これは背骨を矯正する効果があるというので、骨格が多少変化したんでしょう。

 

なので身体がそれになれるまでは我慢だ、、とのんびり構えていました。

 

で、実際1週間ほどしたらこの痛みはなくなったんですが、今度は右肩が痛くなり出しました。

 

こちらも1週間くらいで良くなるだろうと
高をくくっていたんですが、なんともう3週間以上痛み続けています。

 

しかも毎日起きるたびに、右肘から右肩まで傷んでいる。

 

こ、これは、、単なる故障じゃないな、、、そう思って色々調べてみると、これってどうやら「五十肩」というやつらしい。

 

五十肩というと、腕を高く上げられないというヤツで
一種の運動不足のせいかと思っていたんですが、どうもそうではない。

 

だってその一週間前まで、毎朝ラジオ体操で
腕を大きく振り回していたわけですし。

五十肩は、なってみないと分からない病気ですね。

 

主な症状としては、腕を上に上げられない、それから、身体の後ろ側に腕を持っていくと激痛が走る。

 

ズボンの後ろポケットの財布を取ろうと思って手を伸ばすと、ビキビキビキビキ、、、と筋肉だかスジだかが傷みます。

 

今まで、日常生活で何の支障もなく動かしていた動作で、なんと故障する。

 

ビックリです。

 

私は学生時代から、拳法や大東流合気柔術の稽古に通っていて、肩や肘など、いろんなところを傷めてきています。

 

だから手首や肩肘の傷みというのは色々経験しているんですが、こういう傷め方は、初めてです。

 

肩肘を無理な使い方をして傷めるならまだしも、今まで普通に動かしてきていた動作で傷める。

 

つまり、毎日毎日、新しく傷めているわけです。

 

 

五十肩の痛みのピークは数週間続くと言いますが、これは痛みがなくなるのではなく、痛みを起こす動作をしなくなるようになるまで、数週間が必要だと言うことかも知れません。

 

腕の力こぶの筋肉である「上腕二頭筋」や、肩回りの4つの細い筋肉である
「ローテーターカフ」が全部縮んでしまった感じで
どちらに動かしても傷みます。

 

 

五十肩って、本当に厄介な病気ですね。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加