1日1食ダイエット、でも、やっぱり歩かないとダメ?

相変わらず、ダラダラと1日1食ダイエットを続けているが、体重は減らない。

 

64キロ前後をウロウロしているばかりだ。

 

なので、1日1食ダイエットを続けつつ、健康のためもかねて、仕事帰りはまた歩くことにした。

 

駅からバスで10分かかるところを、歩く。2キロちょっとくらいだ。

 

駅から家まで直線距離でも2キロを超えているので、たぶん3キロくらいあるんだろう。

 

普通に歩くと40分くらいかかるわけだから。

 

でも、体調が悪くてゴホゴホセキが抜けないのに、歩くというのもどんなモノなんだろうね。

 

そして最近、また「ゆる体操」が良いなと思い始めた。

 

冬のせいもあるが、身体がまたガチガチに固まっていて、気持ち悪いんだ。

 

高岡英夫さんのいう「さび付いた自転車で走っているようなもの」というのが、本当に的を射た表現だというのが、よくわかる。

 

股関節回りに、気持ち悪いカタマリができていて、本当に気持ち悪い。

 

胸の当たりも気持ち悪い。胸くそ悪い。

 

整体の片山洋次郎さんの本には、疲れが胸に来る体癖というのもあるそうだが、私の場合はそうかも知れない。

 

ロルフィングの腕回し運動でも、胸のコリは取れないし、困ったもんだ。

 

とにかくそう言うわけで、体調はヒドいが歩くことにする。

このエントリーをはてなブックマークに追加