冷え取りくん+木酢液で、足の皮剥きに挑戦

冷え取りくん+木酢液で、足の皮剥きに挑戦

冷え取りくん+木酢液(もくさくえき)で、足の皮剥きに挑戦

足の裏の皮が、なかなかきれいにならない。

 

というか、スクラブ入りピーリング・クリームを使っても、全然剥けない。

 

そこで、ベビーフットという話題の商品を使ってみようかな、と思ったのだが、よく見ると、主成分は木酢液(もくさくえき)AHA(フルーツ酸)だという。

 

木酢液なら、駅前の東急ハンズセレクトに、確かあったはずだ...ということで、買ってきた。

 

しかし相変わらず、すごい臭いやね。

 

何とも表現しがたい臭いだが、一番近いのが、薫製(くんせい)のにおいだ。

 

まあ木酢液というのは、炭焼きの時に出てきた煙を集めて冷やした中の成分だから、薫製の臭いがするのは当然だが、そこに多少酸っぱいにおいが混ざっている。

 

それから、正露丸の臭い。

 

正露丸の主成分はクレオソートと言って、実は木酢液の兄弟のようなモノ。

 

成分としては、

  • ・酢酸
  • ・フェノール
  • ・ホルムアルデヒド
  • ・3,4-ベンツピレン
  • ・1、2、5、6-ジベンズアントラセン
  • ・3-メチルコランスレン
  • ・ケトン

などが入っているらしい。

ただ、自然の木材を燃やした煙だから、このほかにも様々な成分が混じっている。

 

その数、数十〜百種類くらい。要するに、いろいろ混ざったモノって事やね。

 

木酢液は、角質を柔らかくして水虫に効く

酢酸は酸。

 

フェノールはベンゼン環を持つアルコールの一種。

 

ホルムアルデヒド(ホルマリン)は、アルデヒド。
(これは還元力が強くて、毒性がある。塩素のようなモノ)

 

このほかにも、様々な有機酸が含まれていて、これが病気の皮膚をうまい具合に殺菌したり、堅くなった角質を柔らかくしたりするということだ。

 

アトピーなどにも良いという。

 

一日二日では、目立った効果は出ないかも知れないが、冷え取りくんに入れて足をつけることにしよう。

 

一週間後に期待!

 

追伸

風呂に木酢液を入れて沸かしたら、風呂釜の汚れがいっぺんに出てきてしまった。

 

うーん、長年の汚れがこんなにこびりついていたのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る