にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

四正太極拳、久々にやると、やっぱりキツい

土曜日は、茗荷谷に稽古に予定だったが、体調が悪いのと、台風接近でザーザー雨が降っているのとで、結局自重した。で、日曜日の今日もずっとイライラしていたのだが、ふと『四正太極拳』をやってみようと、思いついた。

四正太極拳というのは、オリジナルの太極拳でも、24式の簡化太極拳でもない、比較的新しい太極拳だ。それもそのはずで、一番歴史の古いと言われている陳氏太極拳の伝承人(掌門人だったかな?)である陳沛山師が、現代人のために新たに編み出したモノだという。

世の中に広く知られている太極拳は、楊式・楊氏太極拳をベースにした、24式と呼ばれるモノだが、それとはまたかなり違った趣のある太極拳である。

太極拳には、陳式・楊式・呉式・孫式・武式という5大門派があるのだが、元・武術ビデオマニアの私の知識では、楊式太極拳は動作が大きめでおおらか。一方、陳式太極拳は、非常に動作が小さく、身体の中の操作が複雑だというイメージがある。

実際、以前両方のビデオを持っていて、両方ともやってみたこともあるのだが、陳式は肩とか胴体とか細かくふるわせるような動作が多く、非常にやりにくかったことを覚えている。

ところがこの四正太極拳は、非常にシンプルである。なんとまあ24式にはある、上体を傾けるという動作すらない。これってたしか上体を倒したよなあ...とか思いつつ、上体を倒さないでヨコに半歩動くだけである。

だから、数年前のゴールデンウイークの時、3日ほどで全部覚えてしまったのだが、改めて本を開き、DVDを見ながらもう一度やり始めると、今度はなぜか非常に難しい。

まず第一に、肩幅に足を開いて立つというだけで、できない。
写真の老師の手の甲は、前向きで股関節あたりに置かれているのだが、そういう風に立てない。
色々やってみた気づいた。自分の胸が凹めば、腕がそこに行く。ところがそうなることはわかるのだが、そう簡単には、それができない。上体の力が全く抜けないのだ。なので、最初の一つ目だけで30分くらい繰り返す羽目になった。

で、2式目、3式目、とも、やっぱりできない。最初に覚えた時は、順番を覚えるだけで満足したのだが、今回は目が肥えているのか、全然満足できない。

これってやっぱり、体内感覚が微妙に敏感になっているって事なんだろうか? しばらく続けてみよう。


陳式太極拳
全ての太極拳の源流であり、(このことは中国民間に広く否定され、批判されている。)河南省陳家溝の陳一族を中心に伝承されてきた。動作は剛柔相済、快慢兼備を特徴とし、太極拳に特徴的な柔軟さや緩やかな動きだけではなく、震脚(強く脚を踏みならす動作)を行い、発勁方法は明勁(素早く激しい発勁の仕方)を重視し、纏絲勁によって全身の勁を統一的に運用する。一般的な太極拳のイメージからすると、特に二路(砲捶)は非常に剛的な印象をもたれ易い風格であるが、高齢の達人の拳風は内勁重視のため、むしろ楊式や和式を連想させる緩やかなものである。また陳氏の太極拳には大別すると平円重視の大架式と立円重視の小架式の2つのスタイルがあり、大架式からは新架式が派生し、小架式からは趙堡架式が派生した。20世紀に入り、陳発科が北平(北京)で大架系統を教授してから一般に広まったといわれる。
楊式太極拳



太極拳のインナーパワーで強いカラダになる―宗家第20代・陳沛山が初めて明かす! (Gakken mook)

太極拳を少しでもかじったことのある方は5日間でラクラク覚えることができますが、全くの初心者は、立ち方とか姿勢・運歩の基本功をしっかりと練習した上でないと難しいと思います。5日間云々~はそれからでしょう。とはいえ、この四正太極拳は陳沛山老師が編纂されただけあってバランス良くできていると思います。すっかりハマってしまいました。確かに付録のDVDはこの値段のせいか簡素に仕上がっていますが、全編じっくりと研究すればなんとか独習は可能です。これから太極拳にふれてみられる方にはぜひお奨めの一冊です。



太極拳をはじめませんか

この本、最近出た本ですけど、普通の太極拳の本じゃあありません。ほぼ全部、柔軟体操みたいな本です。太極拳も、10式という、自分の好みの動きをつなぎ合わせるという、非常にフリーな太極拳です。形にこだわりの過ぎの形は、やってみてもいいかも。

Pre > プチ断食、40時間達成!
Next > 66キロ...、お、惜しい! でもヘソ回りは全然減っていない。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://amiyazaki.s160.coreserver.jp/cgi160/mt/mt-tb.cgi/50

コメントする