昼寝はしたほうがいい?

ぽかぽかとした昼に、眠くなると言うのは良くあることだ。

 

適度な昼寝をすることは、疲労の回復につながり、ストレスの解消にも大きな効果がある。

 

スペインなど昼寝の習慣(シエスタ)がある国の人たちは、日本人やアメリカ人のように昼寝の習慣をもたない人々と比べると、おおらかで非常にストレスが少なく、心身ともに健康な生活をしているようだ。

 

また猫や犬などの動物は、毎日とてもよく眠る習慣がある。

 

ネコなどは、よく寝る子というので寝子と呼ばれる。一日に19時間くらい寝ていて、そんでもって夜中に走り回ったりする。

 

動物は、特に、食事をした後に、横たわって眠っているようだことが多いようなんだが、これと同じように、人間の遺伝子も、昼寝をするようになっているようだ。

 

さて、昼寝をするなら、15〜20分がもっともよい長さらしい。

 

30分以上だと、熟睡に入ってしまい、スッキリと起きることができなくなる。そうなると、無理に起こされたことで、とても不愉快な気持ちになり、寝不足のような感覚に陥ったりする。

昼寝を昼寝として、熟睡しないためには、昼寝をする前に、コーヒーや紅茶などのカフェインを含む飲み物を飲むとよいということだ。

 

昼寝をするまでに、カフェインを取ることで、起きる頃には効いてきて、スッキリと目覚めることができる。

 

理想的なのは、コーヒーなどを飲んで10分ほどリラックスし、それから15〜20分程度の昼寝をすることなんだ。また、昼寝は午後3時までにしないと、夜に眠くなくなってしまいるようだ。

 

昼寝をうまく活用することで、作業の効率がよくなったり、血圧も安定するので、さまざまな場面での質が高まるだろう。昼寝をとれる人は、できるだけ毎日習慣的にとりましょう。

 

昼寝をする日もあれば、しない日もあるのでは、重要な夜の睡眠サイクルまで乱れてしまいかねない。

 

また、昼寝が習慣的になっているようだ人は、そうでない人と比較して、アルツハイマー病が発症しにくいという調査結果も出ているようだから、昼寝も案外バカにできないね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る