にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

脱メタボリック!とにかく、5キロ痩せてBMI値を23に!

最近、メタボリック対策をちょっとサボっている。
さすがに体重70キロを上回ることはなくなったが、そこからなかなか減らせない。
69キロ前後を行ったり来たり。
私の場合、身長が166センチだから、60キロくらいが標準体重(BMI)になる。
そこから考えると、10キロオーバーで、もう立派な肥満の範疇だ。

BMIというのは、どういうものか、改めてウィキペディアの記事を読んでみると...

ボディマス指数(ボディマスしすう, Body Mass Index, BMI)は、体重と身長の関係から算出した、ヒトの肥満度を表す指数である。
日本肥満学会によると、BMIが22の場合が標準体重である。BMIが25以上の場合を肥満、BMIが18以下である場合をやせとする。

BMIの計算式は世界共通であるが、肥満の判定基準については国により揺らぎがあり、アメリカでは25以上を「標準以上(overweight)」、30以上を「肥満(obese)」としている。

多様な肥満の病態を、身長と体重の関係のみに抽象して算出されるこの指数には自ずから限界がある。内臓肥満はメタボリック症候群の原因でありながらこの数値に表れにくいこともあり、隠れ肥満となる場合がある。こういった問題は残されているものの計算式が簡便なこともあり、成人の肥満の指標として多用されるもののひとつである。身長が高ければ体重も重いはずなのでこの計算でいけば必ず限界点は発生する為あくまで体格のみの指標と言える。

BMI値の計算式は、

BMI = (体重)÷(身長:単位m)^2

ということだ。
身長の単位は、メートルだから、私の場合は体重を1.66の2乗で割ると言うことになる。
計算すると、25.0くらいになる。日本の基準だと、これは完全に肥満、アメリカ基準でもオーバーウエイトになるね。

じゃあ、自分の適性体重はいくらか、と計算してみると、計算式は

(適性体重)=22×(身長)×(身長):単位はメートル

になるので、私の場合は、22 × 1.66 × 1.66 = 60.6
60~61キロくらいになる。

ここまで一気に減らすのは、さすがに辛いから、ちょっと妥協してとりあえずBMI値24とか23にするにはどこまで減らせばいいのか、計算してみると、

24 × 1.66 × 1.66 = 66.1
23 × 1.66 × 1.66 = 63.4

となった。
要するに、いまより5キロほど痩せればいいってことだね。

よし、これなら可能性はある。5キロ痩せよう!体重65キロだ!

ちなみに方法は、減食+ウォーキングだ。これが一番確実! 朝は野菜ジュース、昼飯は麺類などを軽めに、できれば食べない。

決定!

Pre > マクロスF、新しいマクロスが始まるらしい...
Next > マクロス7 オープニング動画、いい!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://amiyazaki.s160.coreserver.jp/cgi160/mt/mt-tb.cgi/47

コメントする