セルフ筋膜マッサージ、鎖骨マッサージと肩こり

雑誌で、セルフ筋膜マッサージというのを特集していた。

 

鎖骨マッサージに似たやつだけれど、ロルフィングにも似たのがあったね。

 

日経ヘルスのホームページにやり方が載っていた。
これだ↓
日経ヘルス・マッサージ特集

 

まあ要するに、鎖骨の上下の、こりのあるところに軽く指を置いて、肘をくるくる回せばいいって言うやつだね。

 

 

他にも、河野チセイさんの、ニコニコタッチセラピーも載っているようだが、こちらも久しぶりの記事なので、どう変わっているか。

 

これって、最初にやったときは、ものすごくほぐれたんだけれど、今はまたうまくいかなくなった。

 

コツがわからなくなったのか、それとも私の体がこの刺激に慣れてしまって、反応してくれないのか、その辺はよくわからない。

 

変な話、右側をほぐしているときに、左側が凝ってしまって、左側をほぐしているときに、右側が凝ってしまうと言う、堂々巡りに陥っているような気がする。

 

これは肩こりの原因自体を排除しない限り、そう簡単には行かないモノなのかも知れない。

 

凝る速度>ほぐれる速度

 

という状態では、本当に一時の事になってしまうから。

肩こりを根本的によくするには、結局、姿勢を正して日常生活を過ごすしかないんだろうと思う。

 

今取り組んでいる骨盤起こし(立腰)も、少しずつ馴染んできているように思うが、まだ胸が割れていない感じだ。

 

胸割りができて、肩がすとんと落ちるようになったら、肩こりはおそらくあっという間に解消されそうな気がする。

 

以前、四正太極拳のDVDを見ながら太極拳の練習をしていたとき、一度、肩がドサッと落ちた事があって、そのときは、「ああ、なんて肩が凝っていたんだろう」

 

とびっくりしたモノだったし、また

 

「肩ってこんなに後ろについていたんだなあ」

 

と驚いたモノだった。

 

しかしその状態はすぐに元に戻ってしまい。結局また肩こり・頭痛に悩まされる生活に戻ってしまった。

 

そういうわけだから、骨盤を起こして肩が楽に落ちる状態を、少しずつ作っていく必要があるんだと思う。

 

とにかく骨盤を起こして、股関節周りをゆるめよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加