ナルコレプシー、突然起こる眠気の発作

ナルコレプシーって、たまに目にする言葉だ。
私は間違えて、ナルコプレシーと覚えていた。正しくは、ナルコレプシーだ。

 

ではこのナルコレプシー、どういった症状か。ウィキペディアから記事を拾ってみると、こんな感じだ。

 

ナルコレプシー (narcolepsy) とは、日中において場所や状況を選ばず起きる強い眠気の発作を主な症状とする神経疾患(睡眠障害)である。笑い、喜び、怒りなどの感情が誘因となる情動脱力発作(カタプレキシー)を伴う人が多い。入眠時もしくは起床時の金縛り・幻覚・幻聴の経験がある人も多い。夜間は頻回の中途覚醒や、幻覚や金縛りを体験するなど、むしろ不眠となる。1日の睡眠時間の合計は健常者とほとんど変わらない。
日本では「居眠り病」「過眠症」とも呼ばれているが、一般への知名度が低いうえ、専門医が非常に少ないため、罹患者に対する正しい診断・治療が受けられないことや、まわりの人間からの理解が得られにくいなど、罹患者には大きな負担がかかっているのが現状である。

 

また、治療を行っていない状態で、機械や自動車の運転中などに発作が起きると重大な事故の原因となりうるためこれらを使用できないなど、社会生活上の制限も大きいものの、適切な治療下にある場合、日常生活を送るのに支障をきたすことはない。

 

ナルコレプシーも、もちろん睡眠障害の1つで「過眠症」という。

 

この言葉、なんかよくわからんネーミングだね。寝過ぎ病みたいな感じだ。

 

さて、昼間、仕事中や授業中にとても眠く困ったことは、誰でもあると思う。

 

が、でも、その眠気が耐えられないほどだったり、毎日続くような場合は、このナルコレプシーという病気の可能性がある。

 

これが睡眠障害のひとつ、過眠症(ナルコレプシー)という病気の主な症状は、昼間でも突然と強い眠気がきて、眠り込んでしまうという睡眠発作だ。

 

発作と言うことだから、突然起こるらしい。

 

そしてナルコレプシーには、副症状というのがあって、カタプレキシー(情動脱力発作)という症状もでる。

 

これはたとえば、怒ったり笑ったりするときに、力が体中から抜けてしまったり、倒れこんでしまうことがあるという発作だ。

 

このような症状がみられる場合や、耐えられないような眠気が2〜3ヶ月もの間続くときには、過眠症の可能性があるという。

 

過眠症になる原因は、ハッキリした原因は、分からないらしい。遺伝的な体質と、環境因子(ストレスなど)が重なることで起こるようだ。

 

手術や頭を打ったり、睡眠不足が長く続いたときなどの、身体的に大きなストレスがかかった直後に、この発作が起こることもあるらしい。

 

過眠症の対処法としては、夜によく睡眠をとることが大事だそうだ。

 

それでも昼間に強い眠気がくるときは、内科や神経内科精神科、睡眠外来に行くべきだということだ。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加