うつぶせ寝健康法、再開!感想と効果

うつぶせ寝健康法、再開!感想と効果

うつぶせ寝健康法、再開!感想と効果

うつぶせ寝健康法、久しぶりに成功した!

 

パンツを脱いで寝るのに合わせて、多少工夫してみたら、なんかうまくいった。

 

前回成功したときは、空気を抜いたバランスボールを座布団の間に挟んで、その上に上体を乗っけて寝ていたが、それでは不安定で2日で挫折した。

 

なので今回はボールは使わず、厚手の座布団を、股関節から腹くらいまでのところに入れて寝てみたら、うまくいった。

 

自分の身体のコリによって、上手く行くときとそうでないときがあるって事らしい。

 

6時間ほどだが、ほぼうつ伏せ状態で寝た。

 

おかげで、鼻は詰まる、目やには出る、筋肉痛は出る。..

 

で、改めて、雑誌のうつぶせ寝健康法の記事を読んでみたら、うつぶせ寝にはうつぶせ寝に適した筋力も必要らしい。

 

だから慣れるまで、3ヶ月くらいは必要らしい。

 

また寝返りもたまには必要らしい。

 

でもそうなると、一旦あおむけになっても、またうつ伏せに戻るような感じにならないと、ダメってことかな?

 

いろいろまた座布団を股関節あたりに入れて、3時間ほど昼寝をしてみると、いろんなことがわかった。

 

パンツも当然脱いで、リラックス状態をつくってみた。

 

その結果として、こんな感じになった。

 

(1)起きたとき、異常に顔が腫れぼったくなっていた。

顔が腫れぼったくなるなんて、久しぶりだ。

 

クタクタに疲れて、うつぶせに寝て起きたときは、たいてい腫れぼったくなるからそれと同じだろう。

 

ずっと顔は地面向きだから、リンパ液などが顔の方に集まってくるせいやな。

 

ただし、今までのうつぶせ寝では、あまりそういう感じではなかったから、ちょっと違うようだ。

 

(2)目やにがやっぱり出た。

朝まで、うつぶせ寝ができたときは、たいてい目やにが出るが、3時間ほど寝ただけでも、目やにが出た。
もしかしたら、熟睡した証かもしれない。

 

(3)腹式呼吸になった。

これは、うつぶせ寝すると必ず腹式呼吸になる。
私は今、呼吸が非常に浅いので、助かる。

 

(4)肩こり・腰こりがでた。

寝方にまだ、慣れていないせいもあると思う。

 

ただ私の場合は、もともと肩こり・腰痛持ちだから、その病態がハッキリ出ただけ と言うことかと思う。

 

逆に言うと、それ以外の体の部分が、スッキリしたと言うことかもしれない。

 

(5)背骨がギクシャクする。

 これも、今回が初めての印象だった。

 

今までは、座布団を胸の下に敷いているだけのうつぶせ寝だったから、結構寝返りをしていたのかもしれない。

 

 今回の寝方では、寝返りを打つのが難しいから、その分、背骨が動かせず、筋肉が固まってしまったのかも。

 

 起きてすぐのネコのように、のびをした。

 

(6)猫背になった

 (5)と同じであるが、なんかもう、四つ足の動物になった...という感じである。

 

 まあ、そういう風に強制的に形を作ったので、仕方がないが。股関節と肩関節をゆるめっぱなしにしたので、筋肉がそういう状態に適応したのだろう。

 

 腹の下にひく布団の高さを、徐々に減らしていけば、上手くいくんじゃ無かろうか?

 

 しばらくこれで、強制的に四つ足うつぶせ寝状態を作ってみる。

 

 

うつぶせ寝 枕をAmazonで探す。

 

うつぶせ寝 枕を楽天市場で探す。

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る