にほんブログ村 健康ブログへ にほんブログ村 健康ブログ リラクゼーションへ にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ

育毛剤のタイプとは?

最近私も、髪の生え際がかなり後退してきました。
三十代半ばから、少しずつ後退していたんですが、もうかなりという感じ(ちなみに今四十代後半)。
親父は禿げていないので、禿げるわけではなく白髪になるんでしょうが、でも髪の毛の生え際が後退すると言うことは、毛根が死んでいると言うことだから、気になります。
なので、しばらく髪の毛について、情報を書いていきます。

さて髪に気を使っている人は多くて、育毛剤も山ほど出ています。目的別に様々な種類が発売されていますね。
市販されている育毛剤は、目的別に分けると大きく4種類あるそうです。

一番目は、『頭皮の血液の循環促進と、毛乳頭への栄養補給』を目的とするモノですね。 効果としては毛髪の成長を促進します。

二つ目は、皮脂の過剰な分泌を抑えると言うもの。

3つ目は、毛母細胞を活性化させるビタミン、糖分などの栄養補給を目的とするモノ。

四つ目は、男性ホルモンの働きを抑えて、毛母細胞の働きを活性化させると言うもの。

これらは、頭皮や髪の状態によって組み合わせ使うということです。

頭皮は、農業に例えると土の役目を担っていて、良く肥えた土には栄養分が十分、作物も元気に育ちますが、逆の場合はダメです。

これと同様のことが、髪の毛にも言えるそうです。
つまり頭皮の状態が整っていれば、髪も丈夫で元気に生えてくるってことですね。

逆に土がダメな土地は、そこには草も生えないですね。カルシウムやカリウム、亜鉛などがないと、実は草も生えないんですね。だからそんなところに種が飛んできても、生えないんです。

育毛剤は、頭皮を刺激したり、そこに栄養素が来るようにするわけですが、肌に合わないものを使用すると逆効果になりますので注意が必要のようです。育毛剤は、頭皮そのものを肥やす訳ではありません。
丈夫な髪をはやす為には、頭皮そのものの血行が良く、健康で無ければなりません。
基本的には、食べ物から十分な栄養を摂り、頭皮の血行をよくするのが大事なようです。

Pre > 髪の毛が抜けるのは、健康状態が悪いから。
Next > 育毛剤に入っているモノとは?