不眠症予備軍の特徴って?

不眠症になりかかっている人には、特徴があるらしい。
入眠するのに時間がかかるといった、不眠の症状が現れない人の中には、不眠症予備軍の人もいるようだ。

 

どんなところでも、すぐに眠られることを特技としているような人もいるようだが、このような人が、不眠症予備軍の場合が多いのだ。
いつでもどこでも眠ることができるということは、寝不足が原因なのなんだ。

 

正しい睡眠時間をとっているような健康人は、昼間にそう簡単には眠ることができない。

 

睡眠と覚醒が正常にできているような人は、昼間は活発に脳が起きた状態なので、寝ようとしても眠ることができないものなんだ。

 

ところが、睡眠不足の人や不眠で悩んでいるようだ人は、体が睡眠を必要としているようだので、昼間でも横になると、すぐに眠ることができるのなんだ。

 

こうした不眠症予備軍の人は、すっかり睡眠のサイクルが乱れているようだので、不眠の症状がすぐに出てきてもおかしくない状態なんだ。

 

自分では、不眠症になる要素があることを、よく認識できないかもしれません。

 

しかし、不眠症予備軍であることに、ほぼ間違いありません。
いつでもどこでも寝られることは、特技なんかではないのなんだ。
本格的な不眠症になってしまう前に、自分の生活を見直して、睡眠を増やすなど規則正しい生活を送りましょう。
そして、理想的な睡眠のサイクルを身につけることが、とても大切なのなんだ。

 

健康的で睡眠が十分な人は、夜寝床についてから、寝入るまでに10分〜15分くらいかかる。それくらいかかるのが正常なのらしい。ところが不眠症予備軍の人は、5分もかからないうちに、眠ってしまう。それは実は、睡眠不足が続いているせいなのだという。

 

 

まあ全然眠れないワケじゃないから、この時点ではまだ大丈夫だろうけど、ちょっと気を付けた方が良いかも知れないね。

 

ドーパミンとノルアドレナリンという、「やる気」物質が尽きると、それを再生産するために眠ってしまうと言う事もあるけど。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加